EATAS
食材・レシピ|食材調達2019.10.28
EATAS

飲食店と卸売業者のマッチングサービス『クロスマート』を活用して、お店の仕入れを見直そう!

飲食店と卸売業者のマッチングサービス『クロスマート』を活用して、お店の仕入れを見直そう!

クロスマート株式会社が提供する飲食店と卸売業者のマッチングサービス『クロスマート』は、2019年4月にリリースされたサービスであり、仕入先業者の相見積もりをとることで、仕入コストの適正化を行うサービスである。対象ジャンルは、お酒、調味料、乾物、生鮮食品、キッチン用品など多様なジャンルに対応している。初期費用・ランニング費用含め一切費用がかからず、1ヶ月分の納品伝票または請求書を送るだけで、最適な卸売業者とマッチングできることから、どこに発注をかけると良いか悩んでいる飲食店オーナーにはとても良いサービスだ。

『クロスマート』とは

『クロスマート』を活用することで、飲食店オーナーは、これまで仕入れていた消耗品やお酒、食材などの仕入れコストが適切な価格だったかを確認することが可能となる。これまでの仕入れでは、繋がることのできる卸売業者がある程度限定されており、さらに新しい仕入れ先を見つけることに労力を費やすことから、なかなか仕入れ先の見直しを行うことができなかった。

『クロスマート』では、店舗で購入している1ヶ月分の納品伝票または請求書を『クロスマート』のサービス上にアップロードするだけで、平均5社以上の卸売業者から見積もりが提案される。飲食店オーナーは、その見積もりの中から、最適な仕入れ先を見つけて、店舗に導入することができる。

ビジネスモデル

『クロスマート』を導入するメリット

完全無料で利用することができる。

『クロスマート』は、飲食店側は全て無料で利用することができ、登録はもちろん卸売業者との契約によりコスト削減に繋がった際にも、一切費用は発生しない。

仕入れコストを削減することが可能

平均5社以上の卸売業者から見積もりを提案してもらうことで、仕入れコストを平均5%削減することが可能となっている。また、大手卸売業者から、貴重な食材を扱う専門卸売業者まで、約60社以上の卸売業者が登録していることから、様々な食材の仕入れが可能となる。

仕入れコスト削減

すぐにマッチングされる

独自のAIシステムにより、請求書データや登録情報から飲食店が登録後1日以内で最適な卸売業者とマッチングすることができる。

コスト削減だけでなく、店舗のニーズにあった商品の仕入れを行う

担当者榊氏は、「現在はコストの削減をメインで行なっているが、飲食店と卸売業者のマッチングサービスとして、これからは卸業者とのマッチングだけではなく、店舗のコンセプトやニーズに合わせた食材とのマッチングをできるようにしていく」とお話しされていた。

2019年4月に始まった新しいサービスだが、現在平均で月4-5万円の削減の提案(同社調べ)が行われており、これからさらに多くの卸売業者の登録が見込まれることから、さらに多様な提案を受けることが期待される。飲食店オーナーは、完全無料で導入できることから、一度体験してみるといいのではないだろうか。

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。