悩み解決|人材 2018.11.02

なぜ応募が来ない?飲食店の求人広告で反応率を高める3つのポイント

なぜ応募が来ない?飲食店の求人広告で反応率を高める3つのポイント
1
求人広告に応募が来ない原因は?
2
反応率を上げる求人広告の作り方を知ろう
3
求人媒体・求人方法の選び方も重要

目次

せっかく高い広告費を出して求人サイトに出稿したのに、「人材が集まらない」「反応がまったくない」と悩んでいる飲食店オーナーは多いことだろう。一体、反応率が悪い原因は何なのか。今回は、人材を確保したい飲食店オーナーのために、求人広告の反応率を上げるための3つのポイント、求人広告の作り方や求人サイトの選び方、そして効果的な求人方法について紹介しよう。

応募が来ない原因は?

応募が来ない原因として、まず考えられるのが、求人の内容に魅力がなかったりNGワードが含まれていたりする場合である。求人広告の内容が求職者の興味を引きつけるものでなければ、応募を促すことはできない。また、求人の内容に「体力自慢歓迎!」などのNGワードが含まれているため、求職者を遠ざけてしまうこともある。つぎに、求人広告を掲載する媒体の選択が間違っていることで、満足に応募者が集まらない場合もある。さらに、そもそも求人の手法が間違っているために人材を確保できないこともあるだろう。

求人広告に魅力がない

勤務地や職種が同じ場合、求職者はより給料が高かったり福利厚生が充実していたりする求人に応募する。よりよい環境で働けるように、複数の求人を見比べて判断するのだ。求人広告を出しているのに応募がない場合は、待遇が他社と比べて悪く、魅力がないことが理由の可能性がある。さらに、待遇面以外にも「この会社ならば得られるもの」「この会社に勤めれば得になるもの」がない場合、求職者は働くメリットを感じられず、応募をためらってしまうことがあるだろう。求人広告の内容は、求職者にとって魅力的なものにするのは鉄則である。

求人媒体が最適ではない

「どの求人サイトでも変わらない」と同じ媒体にばかり広告を掲載するのでは効率が悪い。求人媒体には特定の業界に特化したものが多くあり、そういった媒体を利用することでその業界に興味がある求職者を効率的に探すことができるのだ。特に、飲食業界に特化した求人サイトは数多く存在する。まずは、飲食業界をメインに扱っている求人媒体を複数使って募集をかけてみるとよいだろう。

求人の手法が間違っている

地方の飲食店の場合は、求人サイトに広告を出すよりもポスティングチラシなどを利用するほうが効率よく募集できる場合がある。紙媒体を使えば店舗のある地域や店舗に近い地域の人たちをターゲットにして募集をかけることが可能だ。また、チラシや新聞は偶然であっても目にとまりやすいことが特徴である。そのため、たまたま求人を目にした求職者が応募することも期待できる。もし地方で飲食店を経営しているなら、地域密着型の募集を得意とする紙媒体の利用を検討してみるとよいだろう。

ポスティングチラシのイメージ

ポスティングチラシの裏面や一部に求人広告を載せておくと◎

反応率を上げる求人広告の作り方

求人広告で重要なのは、条件面の情報と、その飲食店ならではのメリットを伝えるキャッチコピーである。求人広告で反応率を上げたいなら、魅力的なキャッチコピーを考える必要がある。たとえば「未経験者には研修を用意している」といったように、その業界を経験したことがない人でも安心して働ける環境が整っていることを伝えるのは有効だ。どんな業界で働くにせよ、経験したことがない世界に飛び込んでいくのは勇気がいるものである。未経験者でも積極的に募集しているという情報を記載することによって、求職者の不安を取り除くことができるだろう。

また「どんなスキルが身につくのか」を記載することも重要だ。将来役に立つスキルが学べない仕事に応募する求職者はほとんどいないと言ってよいだろう。求職者は、給料以外にも自分のためになる知識や経験を欲している。求職者が将来のキャリアを思い浮かべることができるように、スキルアップできる仕事だということを伝えるようにするとよい。さらに、職場の雰囲気について記載することも人材を確保するために必要なポイントである。

働く人にとって、職場の人間関係が良好であることは非常に大切である。雰囲気の悪い職場で働くことになれば、常にストレスを抱えて仕事をしなければならない。関係が悪化すれば、最悪の場合は退職を迫られることもあるほど、職場の人間関係は働く人間にとっての悩みの種なのだ。「アットホームな職場」というフレーズはNGワードにもなりかねないので、言葉以外で職場の雰囲気がよいことをアピールして、求職者の不安を解消してあげるとよいだろう。職場の人間同士が笑顔で集まっている写真などを掲載するだけで、より説得力が増すはずだ。

楽しそうに働いている様子

アルバイトスタッフが楽しそうに働いている写真は効果的

求人媒体・求人方法の選び方

飲食店の求人を行う際は、飲食業界に特化した求人サイトを利用したほうが効率がよい。また、求人媒体を使わずに自分で募集をかける方法もあるので、場合によっては媒体を使うよりも効果が期待できる。ここでは、媒体選びのコツや、媒体を使わない募集方法を具体的に紹介していこう。

飲食店にオススメの求人媒体

人材を確保するための採用コストに頭を抱える飲食店オーナーにおすすめの求人媒体が「テンポスジョブ」だ。テンポスジョブは求人広告を1年間、無料で掲載することができる。また、採用が決定したときのみ成果報酬としてサイトに料金を支払う仕組みなので、掲載費に多額のお金をかけたのに人を雇うことができなかったという状況に陥ることもない。さらに、テンポスジョブを使って採用した人材が一定期間内に辞めてしまった場合は、報酬金を支払う必要がないのだ。アルバイト・パート社員なら10日間、正社員なら30日間続かなかった人材に関しては、飲食店側が求人サイトにお金を支払う義務が発生しない。長く働いてくれる人材を低コスト・低リスクで探せるのは、飲食店オーナーにとってはうれしいポイントである。

関連記事>>>
求人の悩みは飲食業界専門求人サイトで解決!



飲食業界で生かせる人材を確保したいなら「フード天職.COM」を利用してみよう。フード天職.COMは、株式会社グローワークスが運営する飲食業界特化型転職サイトで、飲食店オーナーが求める人材に向けて求人を行ってくれるのが特徴だ。飲食業界における求人のプロであるコンサルタントが事前に求める人材の条件をヒアリングし、募集案件の提案をしてくれるのである。また、じっくりコンサルタントと話し合うことによって、自分の飲食店にとって本当に採用すべき人材や必要な人材が見えてくるというメリットもある。低コストで質の高い人材を手に入れたいと思うなら、フード天職.COMを活用しよう。

関連記事>>>
効率的に採用ができる人材紹介サービス



効果的な求人方法とは?

ポスティングのチラシに求人広告を入れ、地域に特化した採用活動を行うというのが、求人媒体を使わない求人方法のひとつである。1日に1度はポストのなかを確認する人がほとんどなので、確実に目にとまるというメリットがある。ほかにも、店頭に求人ポスターを張って人材を募集するという方法も効果的だろう。実際その飲食店を利用している顧客のなかに仕事を探している人がいた場合、すでに店の雰囲気を知っているので応募しやすいというメリットがある。

リファーラル採用を行うのも有効だろう。リファーラル採用とは、社内外の人脈を利用して人材を紹介してもらう採用方法のことである。他人に紹介したり推薦したりできる人材ということは、何かしらの評価を得ている可能性が高い。コストをかけずに優秀な人材を確保できるのが、リファーラル採用の大きなメリットだ。ただし、いくら信頼できる人が紹介する人材だからといって、ミスマッチが起きる可能性はゼロではない。リファーラル採用を行う際は、紹介された人材の性格や能力を、自分の目でしっかり確かめる必要があるだろう。

反応率を上げる3つのポイント

求人広告の反応率を上げるには、まず求人広告の内容を充実させることが重要である。つぎに、広告を掲載する求人媒体の種類にも気を配ることが求められる。さらに、求人媒体のみに頼らず、媒体を使わない方法で求人を行うことも大切だ。以上の3つのポイントを押さえて求人を行えば、人材を確保できる可能性が高くなるだろう。

資料請求(無料)
『テンポスジョブ』
株式会社テンポスホールディングス
『フード天職.COM』
株式会社グローアークス

※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事