NEWS 2018.02.07

【飲食トリビア】おせんべいの「サラダ味」って何味?

【飲食トリビア】おせんべいの「サラダ味」って何味?
1
へぇー度 : ★★★★☆
2
認知度 : ★☆☆☆☆
3
定番はやっぱりあの味だった度 : ★★★★★

「サラダ味」と「サラダ」は無関係⁉


昔ながらのおせんべいでよく見られる「サラダ味」。

ところで、「サラダ味」とはどんな味のことなのでしょうか?

サラダと言ったら野菜、つまり「野菜味」? それともサラダにかける「ドレッシング味」?どちらもしっくりこない気がします。

実は「野菜味」でも「ドレッシング味」でもありません。「サラダ味」の“サラダ”はサラダ油のことだったのです!

とは言え「サラダ油味」というわけではありません。

「サラダ油」がまだ高価だった1960年代、サラダ油をからめて塩をまぶしたせんべいが作られました。その頃の時代の背景として、純日本風の「塩味」とするよりは洋風の「サラダ味」とした方がおしゃれではないかということで名付けられました。
出典:亀田製菓株式会社

つまり、サラダ味はやっぱり定番の「塩味」というわけだったのです。

それにしても「サラダ味」=「塩味」とは予想外ですね!

ちなみにおせんべい・おかき・あられはどのように区別しているか知っていますか?

おせんべいは「うるち米」、おかきやあられは「もち米」と異なる原料を使用しているのです。

また地方によって異なりますが、一般的に大きいものがおかき、小さいものがあられと呼ばれることが多いそうですよ

知ってトクする? 知らなきゃヤバい⁉ 飲食トリビアでした!

関連記事