志望度の高い人材が獲得できる! 飲食業ならではの人材マッチングサービス「シタミー」

カテゴリ: 人財・接客
▷飲食店のアルバイト開始1週間で約10%が辞める?
▷「シタミー」は学生が飲食店でのアルバイトを決める前に“下見”ができる
▷働く前に「知ってもらう」ことでミスマッチを防止

「シタミー」は、学生が飲食店でのアルバイトを決める前に食事をして“下見”ができる新しいアルバイト探しのサービス。アルバイトに応募する学生の不安を解消し、飲食店にとっては募集経費が抑えられ、質の高いアルバイト確保が見込める、この斬新なマッチングサービスを展開する株式会社シタミー(東京都渋谷区)に「シタミー」について取材しました。

アルバイト開始1週間で約10%が辞める現状

サービスを開始した経緯について、「長年にわたって飲食業界のアルバイト採用のお手伝いをするなかで、アルバイトに応募する学生にお店の魅力がまったく伝わっていない」ことを強く感じ、飲食業の“すばらしい本当の姿”をより多くの学生に知ってもらうために「シタミー」の開発を決意したという。

大学生の40%強は飲食業のアルバイトを経験しているにも関わらず(独立行政法人日本学生支援機構『平成26年度学生生活調査報告』調べ)、飲食店では「応募者が集まらない」といった声が多くある。「学生が飲食業と聞いて思い浮かべるのは、日常的に利用している大手ファミリーレストランやファストフード、居酒屋チェーンなど、ほんの一部の飲食の世界だけ」であり、社会人が普段利用する顧客単価の高い店やサービスのプロがそろう優良店などはほぼ伝わっていない。また、「自分が働くお店のことや仕事内容をよく把握できていないために、結果的に“思っていたのと違う”と、勤務日当日に来ない、数日の勤務で辞めてしまう、という事態が起きている」という。

実際、飲食店でアルバイト開始1週間で約10%が辞める(インテリジェンス仕事情報「an」『アルバイト・パート・契約社員の採用実態』調べ)というように、採用難に加えて離職までの期間が非常に短い。これらの理由から飲食店での採用コストは年々アップしてきている。このような状況を打破するために「シタミー」のサービスは始まった。

働く前に「知ってもらう」ことでミスマッチを防止

「シタミー」のサービスは、対象となる大学生がアルバイトをしたい飲食店で無料で食事ができ、働きたいと思ったら応募ができる、というもの。アルバイトをしたい大学生は、個人情報登録とアンケートに答えることを必須として無料で登録。必ずどこかの飲食店に正式に応募をするという前提で期限内に最大3店舗までサービスを受けることができる。アドバイザーとして友人を連れていくことも可能。アドバイザーはアンケートの回答とSNSでの投稿が条件になっているので、飲食店としてはお店の情報が拡散されるメリットもある。ミスマッチを発生させないために、「シタミー」に掲載してもらう飲食店は一定の基準をクリアしていなくてはならないが、システム利用料は無料で、学生から正式に応募があった段階で課金される仕組みだ。

現在、学生・店舗ともに好評で、学生側はふだん受けることのできないサービスを受けることができ、さらにアルバイト先を決めることができる。飲食店は志望度の高い学生を採用することができ、「シタミー」の目的のひとつである離職を防ぐことができている。

飲食業だからこそできる新しい採用手法として、「シタミー」が飲食業の魅力をより多くの学生に知ってもらう架け橋となり、飲食業界の人手不足を解消してくれることに期待したい。

シタミー サービスサイト

https://shitamii.jp/business/



Written by EATAS編集部

読み込み中...

おすすめ記事