TOP  >  コラム  >  開店・運営  >  居抜き物件が飲食店の開業資金を抑えるために活躍する理由

2022-06-07

居抜き物件が飲食店の開業資金を抑えるために活躍する理由

飲食 居抜き物件

飲食店の開業資金を少しでも抑えるために、内装をDIYしたり、中古の厨房機器を選ぶなどの方法を試している方も多くいるが、居抜き物件であれば大幅にコストを抑えられる。

しかし、特に初めて開業を考えている方はどういったメリットがあるのか分からない方も中にはいるのではないだろうか。

そこで本記事では居抜き物件のメリットや選ぶうえでの注意点、主な探し方を説明していく。

この記事を読むことで希望する居抜き物件を見つけやすくなるため、ぜひ読み進めてほしい。

目次

居抜き物件でコストを抑えられる理由

居抜き物件でコストを抑えられる理由

居抜き物件とは、前入居者が使っていた設備や家具、内装一式がそのまま残された状態で貸し出されている物件のことであり、内装や設備などが何もない物件のことをスケルトン物件と言う。

飲食店の開業には平均で1,000万円ほどの資金が必要で、スケルトン物件で設備の確保や内装工事を行う場合はコストがかさんでしまうが、居抜き物件であれば大幅にコストを抑えられることから、近年多くの店舗が居抜き物件での開業を行っている。

また居抜き物件であれば、多くの場合、設備がそのまま使えることからすぐに開店できるほか、前借主の業態が飲食店であれば、「飲食店がある場所だ」と認知されやすいため、集客の観点でも役立つ。

このように居抜き物件であれば、初期費用だけでなく、開業や集客に本来であれば必要な時間的コスト・人的コストも間接的に削減できるため、開業資金を少しでも抑えたい方におすすめの物件だ。

居抜き物件を確保する前に把握しておきたい3つの対応

居抜き物件を確保する前に把握しておきたい対応

ここまで居抜き物件の概要を説明したが、居抜き物件であれば手放しで勧められるということはなく、居抜き物件によっては余計なコストが発生してしまうなどトラブルを招く恐れがある。

この章では、居抜き物件を確保する前に注意しておきたいポイントを説明していくため、ぜひ参考にして欲しい。

設備の状態を十分に調べておく

居抜き物件に残された設備は、必ずしも正常に稼働するとは限らず、場合によっては老朽化などに伴って故障しているケースがあり、契約後に余計な設備導入費が発生してしまう。

設備や家具は賃料に含まれており、独断での処分・売却はできず、契約後に故障してしまった場合は、オーナーや前借主ではなく、居抜き物件の現借主が負担することになるため、あらかじめ設備の使用年数や状態を十分に確認しておくことが望ましい。

レンタルやリース品を確認する

居抜き物件を契約する際は、設備や内装を譲り受けるための契約である造作譲渡を行うが、前借主の管理がずさんな場合、レンタルやリース契約中の設備が取り残されているケースもある。

「造作譲渡で全て引き継いだ」と何も知らずに契約すると入居時に設備が回収されてしまう・毎月のレンタル・リース料金も引き継いでしまう、といったトラブルに繋がってしまうため、契約前に確認しておくことが大切だ。

未解約物件には注意する

居抜き物件の中には、現借主の退去日が明確になっていないが、先にオーナーが募集をかけている未解約物件もある。

現借主と同じ条件で契約できると考えがちだが、あくまでも条件は想定であり、募集の内容と入居時の条件が変わることもあるほか、何よりも今すぐ入居できるとは限らないため、ほかの物件を探しつつ、候補の1つとして頭の隅に入れておく程度にしておこう。

居抜き物件を見つける2つの方法

居抜き物件を見つける方法

開業資金を少しでも抑えたい方には特に魅力的な居抜き物件だが、どのように探せば良いのだろうか。

この章では、居抜き物件の主な探し方を紹介していく。

専門サイト

不動産会社で居抜き物件を探す方法もあるが、一般的な街中の不動産会社では取り扱う数が少ない傾向があるため、まずは居抜き物件専門サイトで理想に近い物件を探してみると良いだろう。

居抜き物件専門サイトであれば、ネット上で指定のエリアや現借主の業態、周囲の環境などを把握できるため、居抜き物件探しに役立つ。

徒歩で未公開物件を見つける

未公開物件とは、ネットや不動産会社で共有されていない物件のことであり、不動産会社を仲介しなくても借り手がすぐに見つかりそうな場合やまだ借主が解約していない場合は未公開物件となる。

開業を考えているエリアの現地調査も兼ねて徒歩で未公開物件を探すと、意外と募集中の未公開物件が見つかるため、積極的に探してみると良いだろう。

最後に

居抜き物件は飲食店の開業資金を抑えるために非常に役立つ物件だが、どのような居抜き物件でもオススメだとは言い難く、設備が故障していたり、レンタル品だと発覚したりした場合は、余計なコストが発生してしまうため、契約前の下調べが最重要だ。

この記事を参考にして、注意点を考慮しつつ、希望の居抜き物件探しを始めよう。