EATAS
人材・育成|外国人採用2019.10.21
EATAS

『ビザマネ』で、安心して外国人雇用を始めよう!

『ビザマネ』で、安心して外国人雇用を始めよう!
1
外国人雇用の「不法就労リスク」とは
2
『ビザマネ』でできること
3
外国人スタッフを雇用して、飲食店の未来に備える
株式会社ウィルグループは、3万人以上の外国人アルバイトのトラブルデータから「罰金/罰則にならない」日本初の在留カード管理システムを開発し、展開している。『ビザマネ』を活用することで、安価に外国人スタッフの労務管理が可能になり、「不法就労のリスク」を低減させることが可能になる。労働力不足が問題になっている中で、外国人スタッフを既に雇用している、またこれから雇用を考えている飲食店オーナーには是非知ってもらいたいサービスだ。

外国人雇用の「不法就労リスク」とは

不法就労リスク

外国人を雇用する際に、在留資格の種類によって働くことのできる範囲が限られていることを詳細に知っている飲食店オーナーは少ないのではないだろうか。しかし、実際は、在留資格に応じた働き方が限られており、在留カードを持っているからといって全ての外国人が日本の飲食店で働けるとは限らない。もし不適切な在留資格や無効な在留カードを持っている外国人や、在留資格に応じて決められた労働時間を超えて雇用した場合、店舗オーナーや労務担当者が検挙される可能性がある。

最近では、大手飲食チェーンの経営者らが「不法就労助長罪」に問われ書類送検にあったケースも発生しており、在留カード管理は益々重要になっている。外国人雇用に係る、出入国管理及び難民認定法は複雑かつ度重なる法改正が行われており、外国人を雇用する際には、適正運用をしっかりと理解している事業者のサポートを受けながら、「不法就労リスク」を低減させるための取組みを行うことで、安心して雇用することができると言えるだろう。

『ビザマネ』でできること

『ビザマネ』では、これまで30,000名を超える外国人雇用のノウハウやデータを活用し開発された、雇用主を守るための在留カード管理システムである。外国人スタッフが在留カードをシステムに手元のスマートフォンからアップロードするだけで利用が可能であり、以下のような特徴がある。

リスク排除の誓約書を回収し、証憑の保管

出入国管理及び難民認定法に基づく、在留資格に応じた法令遵守の誓約書にサインし回収。
法改正に伴う随時の文言修正が不要、多言語で対応しているため、様々な国籍の外国人スタッフへの対応が可能である。

採用可否の確認と証憑保管

法務省のシステムを利用し、失効した在留カードを特定し、不法就労のリスクを減らすことができる。

在留カードの期限切れアラートと更新在留カードの再回収機能

設定した期限より前に、自動で在留カードの期限切れを知らせてくれる。この機能により、知らずのうちに在留期間経過後も日本に在留しているオーバーステイ者に気づくことができる。また、店舗オーナーは、スタッフ数などを管理することが可能となる。
更新された在留カードもスマートフォンからアップロードする為、
回収できているか出来ていないかもシステム管理の為店舗との確認のやり取りが不要に。

さらに、『ビザマネ』は、初期費用無料、設備投資不要で導入することができ、月々の費用も1人 300円/月〜とかなりリーズナブルである。

ビザマネ 管理 

外国人スタッフを雇用して、飲食店の未来に備える

近年、訪日する外国人観光客の数は飛躍的に増加し、2020年には4000万人を超えると言われている。また、多くの店舗では、人材不足が問題となっており、新たなスタッフを見つけることは困難になっている。

外国人留学生など外国人労働者の中には、母国語だけではなく、日本語と英語も話すことができる人材は少なくない。彼らを採用することで、インバウンド対策、人材不足問題の解決に大きなポテンシャルがある。この記事を読んだ飲食店オーナーには、ぜひ一度外国人雇用について考えてもらい、雇用する際には、『ビザマネ』などの適正なサービスを活用し、しっかりとリスク管理を行って欲しい

関連記事