NEWS 2019.03.14

中小機構、24時間365日LINEで起業相談ができる無料のサービスを開始

中小機構、24時間365日LINEで起業相談ができる無料のサービスを開始

独立行政法人中小企業基盤整備機構は、起業準備に寄り添う、起業相談チャットボット「起業ライダーマモル」の新機能を公開。新機能の追加により、利用者の状況に合わせて、起業までの具体的な行動を後押しすることを目指す。

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、理事長:高田坦史氏、所在地:東京都港区)は、AIが起業の相談に自動応答する「起業ライダーマモル」に、新たに(1)パーソナル機能と(2)事業コンセプト作成機能を追加し、3月14日(木)に公開した。新機能の追加により、利用者の状況に合わせて、起業までの具体的な行動を後押しすることを目指す。

起業ライダーマモルは、主に個人で開始できるビジネスで起業を目指す人が、24時間365日LINEで起業相談ができる無料のサービス。起業までの流れや必要な実務などの相談に対して、膨大なデータからAIが最適な回答を瞬時に提示する。2018年3月14日のサービス開始以降、約13万件以上の質問に回答し、LINEのお友だち登録数は9,000人を超えている。

新機能の詳細

  1. パーソナル機能
    パーソナル機能は、事前にパーソナル情報を登録することで、個人に合わせた回答やメッセージを受け取ることができる機能。利用者の「個別具体的な回答が欲しい」とのニーズに対応した機能で、起業したい「業種」や「地域」などパーソナル情報を登録することで、個人に合わせた回答を提示することができる。
    また、登録時に「起業アイデアの有無」を取得し、起業準備の進み具合に合わせて、マモルからサポートメッセージを受け取ることができる。アイデアがすでにある利用者にはアイデアを具体化するための方法、アイデアがない利用者にはアイデアを見つける方法などが配信される。


    パーソナル情報画面

  2. 事業コンセプト作成機能
    事業コンセプト作成機能は、頭で描いている起業アイデアをスマホで簡単に整理できる機能。パーソナル情報の登録で利用することができ、「起業の動機」や「自身の強み」など7つのステップでアイデアの骨組みとなる「事業コンセプト」を作り上げることができる。事業コンセプトは1枚のシートとしてダウンロードができ、他者とのアイデアの共有や対面での相談に利用することもできる。
    また、シートが完成すると、起業したい地域の公的な相談窓口を案内し、アイデアの更なる具体化に向けた行動を後押しする。


    マイノート画面
特設サイト:http://startup.smrj.go.jp

リリースの詳細について(PR TIMES)

■中小機構 プレスリリース

関連記事