NEWS 2019.03.13

タイミー、働く前に給料が振り込まれる仕組みでビジネスモデル特許取得

タイミー、働く前に給料が振り込まれる仕組みでビジネスモデル特許取得

株式会社タイミーでは"一人ひとりの時間を豊かにする"ことを目指して、応募も面接もなくすぐ働いてすぐお金がもらえるワークシェアサービスを提供している。より自由な働き方や、ユーザーの皆様の更なる体験向上の実施を目指し、日本初の"働く前に給料が振り込まれる"仕組みでビジネスモデル特許を取得した。

応募や面接が必要なく、すぐに働いてすぐにお金がもらえるワークシェアサービス「タイミー」を展開する株式会社タイミー(所在地:東京都文京区、代表取締役:小川嶺氏)は、ユーザーの信用スコアを活用し、働く前に給料がもらえる仕組みのビジネスモデル特許を取得した。

特許取得の背景

タイミーでは"一人ひとりの時間を豊かにする"ことを目指して、応募も面接もなくすぐ働いてすぐお金がもらえるワークシェアサービスの提供し、サービス開始以来、多くのユーザーに利用されている。利用頻度が高いユーザーを中心に企業からの第三者評価も蓄積してきたことから、より自由な働き方や、ユーザーの皆様の更なる体験向上の実施を目指し、今回の特許取得に至った。

今回取得した特許について

規定の評価を満たした*ユーザーには、案件とのマッチングが完了したタイミングで、業務開始前であっても給料を受け取ることができるという仕組みで特許を取得した。
(* 評価方法に関しては非公開。サービスの利用頻度や、過去働いた企業からの第三者評価を元に基準を設定)


特許の概要

特許証:特許第6474089号
名称:マッチング支援サーバ、マッチング支援システム、マッチング支援方法およびプログラム

今後の展望

今回取得した特許を元に、働く前に給料がもらえる仕組みの実装に向けて準備を進めていく。また、今回取得した特許の仕組みを応用し、行き先での案件のマッチングを事前に行うことで、旅費を支払うことなく旅行に行けるサービスを2019年8月頃に提供予定。

リリースの詳細について(PR TIMES)

■株式会社タイミー プレスリリース

関連記事