NEWS 2019.03.12

「Tabレジ」のユニエイム、セルフレジシステム「CASHIER」を初公開!

「Tabレジ」のユニエイム、セルフレジシステム「CASHIER」を初公開!

レジ業務がなくなる⁉ 株式会社ユニエイムは、セルフレジシステム「CASHIER」をリテールテックJAPAN2019で初公開。

株式会社ユニエイム(代表取締役社長:原口宇志氏)は、今年夏頃にサービス開始を予定している、買い物客自身のスマフォがレジ端末になり、レジ列に並ぶことなくスマートな会計を実現するセルフレジシステム「CASHIER」を「リテールテックJAPAN2019」で初公開した。

レジ待ち0、会計業務0の世界を実現する。

ユニエイムは、これまでタブレット型POSシステム「Tabレジ」の展開など、会計分野での事業を展開しており、昨今の小売や飲食業界に於ける人材不足などにより、店舗事業者にかかる負担は増幅している傾向にある。
POSシステム提供事業者として店舗が抱える様々な課題に直面してきた。また昨今、課題解決の糸口として注目を浴びているセルフレジや無人店舗など会計システムに関する市場は急速な変化を見せている。
そんな中、ユニエイムでは買い物客自身のスマートフォンをレジ端末として利用することにより、レジに商品を持っていくとう従来の会計では当たり前だったプロセスをなくすことでレジ待ちを0にすることが可能となる。また店舗側はこれまでの高額なPOS導入コスト、レジにかかる人員などを削減を実現することにより、より売上に繋がる業務に専念することが可能となる。

実店舗での新たな販売促進を実現する。

CASHIERでは、ECサイトなどでのオンライン店舗で売上アップにつながる施作として有効とされる、個々のお客様に合わせたレコメンド表示やクーポン配布などの機能を予定している。これによりこれまで実店舗では実現できなかった販売促進施作が可能となる。店舗の売上アップに貢献するセルフレジシステムとしての展開を目指す。

様々な店舗形態に対応するオペレーションフローを実現する。

無人店舗を実現するセルフレジパターン、従来の形式での形態をとりつつ会計業務の効率化を実現するセミセルフレジパターン、手ぶらショッピングを実現するショールーミーングパターンを展開予定としており、将来的には飲食業を始めとした多種多様な形態への対応を予定している。

様々な店舗形態に対応

「CASHIER」 ウェブサイト 

ウェブサイト内にてCASHIERコンセプト動画を公開。

リリースの詳細について(PR TIMES)

■株式会社ユニエイム プレスリリース

関連記事