NEWS 2019.02.25

キャッシュレス決済の利用拡大のカギは利用店舗拡大やセキュリティ強化(PR TIMES)

キャッシュレス決済の利用拡大のカギは利用店舗拡大やセキュリティ強化(PR TIMES)

株式会社リビングくらしHOW研究所が「キャッシュレス決済」についての調査を実施。今は現金≧キャッシュレスの人も半数が「これからもっと利用したい」と前向き!カギは利用店舗拡大やセキュリティ強化。

リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長 田中則昭氏)では、実店舗での買い物に現金以外の決済方法を利用している全国の1360人を対象に「キャッシュレス決済」についての調査を実施。利用しているキャッシュレス決済方法や、利用者が感じるメリットやデメリット、キャッシュレス決済について疑問に思うことや不満に思うことなどについて聞いた。
リビングくらしHOW研究所 ウェブサイトはこちら
https://www.kurashihow.co.jp

利用しているキャッシュレス決済の手段トップ3

クレジットカード」「交通系電子マネー・カード式」「流通系電子マネー・カード式」。フルタイムは交通系、パート・アルバイトは流通系利用が多い。

経済産業省が昨年4月に発表した「キャッシュレス・ビジョン」では、2025年までに日本国内のキャッシュレス決済率を40%にするという目標が打ち立てられた。2015年の時点でキャッシュレス決済の普及状況を海外と比較すると、韓国の89.1%を筆頭にキャッシュレス決済が進んでいる諸外国は40~60%台なのに対し、日本は18.4%。あと6年で約3倍に増やしていこうという国の後押しもあり、ここ数年、スマホ決済を中心としたサービスが続々登場しているが、女性たちの利用実態は? ネット通販の買い物や交通機関利用を除く、実店舗での買い物に現金以外の決済方法を利用している1360人に調査した。
利用手段は「クレジットカード」が86.3%とトップ。次いで「流通系電子マネー・カード式」44.6%、「交通系電子マネー・カード式」41.9%が続く。働き方別に見るとフルタイムに「交通系電子マネー・カード式」、パート・アルバイトに「流通系電子マネー・カード式」利用が多いのが特徴(グラフ1)。

グラフ1.利用しているキャッシュレス決済方法(複数回答)
利用しているキャッシュレス決済方法

使える店が限られる、セキュリティが心配…
キャッシュレス決済に感じるデメリット

カード式電子マネーのメリットは、「キャッシュバックやポイントがたまる」「会計がスムーズ」が半数超え。
デメリットは、「店によって使える電子マネーが違う」が約6割。そのほかセキュリティ関連の心配が続き、「残高管理がしにくい」「つい、お金を使い過ぎてしまう」も約1/4にのぼる(グラフ3)。
スマホ決済利用者が挙げたデメリットでも、「使える店が限られる」「スマホ特有のトラブルやセキュリティ問題」が続くものの、「残高管理がしにくい」は11.0%にとどまった(グラフ4)。
利用可能店舗が増え自分に合ったサービスが選びやすくなる、しっかりとしたセキュリティ対策、お金の管理が心配という心理的ハードルの払しょく、この3つがキャッシュレス決済普及のカギといえそうだ。



【調査概要】
期間:2018.12.19~12.25 / サンケイリビング新聞社公式サイト
「リビングWeb」「あんふぁんWeb」「シティリビングWeb」でのアンケート 
調査対象:実店舗の買い物に現金以外の決済方法を利用している女性 /集計数:1360人(平均年齢:44.7歳)

【回答者プロフィール】 20代以下9.0% 30代28.1% 40代31.5% 50代18.8% 60代以上12.6%
フルタイムワーク36.3% パート・アルバイトワーク24.3% 専業主婦33.9% そのほか5.5%  
※データは小数点2位以下四捨五入

詳細レポートはリビングくらしHOW研究所サイトで公開
https://www.kurashihow.co.jp/markets/14527/
日々、Facebookで女性とくらしのミニデータを更新中
https://www.facebook.com/kurashiHOW/

リリースの詳細について

■サンケイリビング新聞社 プレスリリース

関連記事