NEWS 2019.02.19

ハラスメントによるトラブル防止を目的とした「研修」の提供をスタート(PR TIMES)

ハラスメントによるトラブル防止を目的とした「研修」の提供をスタート(PR TIMES)

サービス業に特化した人財サービスを提供する株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパンが、ハラスメントによるトラブル防止を目的とした「ハラスメント研修」の提供を開始。

株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:有本均氏)は、サービス業で働く経営者から一般職の従業員全てを対象に、ハラスメントによるトラブル防止を目的とした「ハラスメント研修」の提供をスタートする。

「ハラスメント研修」提供開始の背景

ハラスメントに関する問題は、ニュースでもたびたび取り上げられ、世間の関心が非常に高まっており、企業がハラスメント問題でメディアに取り上げられてしまうと、悪い意味で注目される時代になっている。
また、ハラスメントを受けた従業員が、勤め先に対して裁判を起こし多額の損害賠償を求める事例も近年増加傾向にある。ハラスメントはこうした経済的損失や、企業としての信用失墜にも繋がってしまい、甚大な損失を招く恐れがあると言える。
 
厚生労働省の調べでは、従業員向けに設置している相談窓口で、相談件数の多い上位2つの項目について聞いたところ、パワーハラスメントが最も多く、次いでメンタルヘルス、3番目にセクシャルハラスメントという順番になった。

厚生労働省は2018年12月、パワハラ・セクハラは「許されない行為」として法律に明記する方針とし、経営者をはじめ労働者が、言動に対して注意する責務があるということに理解を求め、抑止していこうという動きがある。こうした時代の流れから企業にとってハラスメントは待った無しの無視できない問題になっている。

そこで、創業7年で2,800社を超える企業に研修サービスを提供してきた株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパンが、現場から導き出した研修ノウハウを元に、サービス業向けの「ハラスメント研修」の提供をスタートする。

グローイング・アカデミー ハラスメント研修

研修概要

パワーハラスメント・セクシャルハラスメントに焦点をあて、ハラスメントが会社と加害者、従業員にもたらすリスクや、加害者と被害者の心理を解説。また、階層別のハラスメント研修や、お客様ごとの現状・課題に合わせて内容をカスタイマイズすることもでき、より現場に即した内容で研修を行うことも可能だ。

研修内容

  1. ハラスメント加害者・被害者チェック
  2. 職場におけるハラスメントの現状、問題点
  3. ハラスメントが起きる原因、防止の必要性
  4. ハラスメントの定義と解説
  5. ハラスメントを起さないために、
    ハラスメントにあわないために。
  6. ケーススタディ
  7. グループワーク/ディスカッション

費用

200,000円~/3時間~
※講師派遣型研修、対応エリアは要相談

詳細


リリースの詳細について

■株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン プレスリリース

関連記事