NEWS 2019.02.14

モスバーガーがAIセルフレジを実験。実際に働く店員の接客をモデル化(PR TIMES)

モスバーガーがAIセルフレジを実験。実際に働く店員の接客をモデル化(PR TIMES)

株式会社リノシスは、株式会社モスフードサービスと共同で、モスバーガー関内店にてAIセルフレジ導入の実証実験を行う。モスバーガー関内店に導入されるAIセルフレジは、音声認識モデルの開発により、画面タッチだけでなく音声でも注文可能なシステムを実装している。

株式会社リノシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役 神谷勇樹氏)は、株式会社モスフードサービス(本社:東京都品川区、代表取締役社長 中村栄輔氏)と共同で、2月15日(金)から2月27日(水)までの期間、モスバーガー関内店にてAIセルフレジ導入の実証実験を行う。
本実証実験は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した平成29年度「AIシステム共同開発支援事業」に採択された、「飲食店におけるおもてなしのシステム化」の取り組みの一環。

人手不足の課題解決につながるAIセルフレジの開発

生産年齢人口減少に伴う人手不足の波は深刻化を増しており、飲食店の店舗運営に支障をきたすだけでなく、人件費高騰による収益性の大幅な悪化も招いている。
このような状況の中、リノシスは、飲食業界や小売業界の持続的な成長に向けて「テクノロジーの力で、一つ星の顧客体験を実現する」というビジョンのもと、データやモバイルの活用により多くの企業の収益性改善に尽力してきた。今回の「飲食店におけるおもてなしのシステム化」の取り組みでは、人手不足の解消に貢献するべく、自然な接客を実現するAIセルフレジの開発を行ってきた。

AIセルフレジについて

今回実際にモスバーガー関内店に導入されるAIセルフレジは、音声認識モデルの開発により、画面タッチだけでなく音声でも注文可能なシステムを実装。また、モスフードサービスの協力のもと、モスバーガーで実際に働く店員の接客を分析してモデル化したことで、
  • 店員と対話するように、自然な流れで注文をお伺い受けるする
  • 利用するお客さまの年齢や性別、注文履歴に応じておすすめ商品を提示
  • お客さまの音声での注文があいまいな場合に近しい商品を提示
といった、習熟度の高いベテラン店員のような接客を行う。

(AIセルフレジと注文画面のイメージ)
AIセルフレジと注文画面のイメージ

リリースの詳細について

■株式会社リノシス プレスリリース

関連記事