NEWS 2019.02.12

エクスウェアが提供する「顔パスシステム」をラーメン凪が導入!(PR TIMES)

エクスウェアが提供する「顔パスシステム」をラーメン凪が導入!(PR TIMES)

エクスウェア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:滝本賀年氏、以下エクスウェア)は株式会社凪スピリッツ(本社:東京都新宿区、代表取締役:生田智志氏、以下凪スピリッツ)の新店舗に、顧客満足度向上によるリピータ増加を目的とした、「顔パスシステム」を導入した。

エクスウェアが提供する顔パスシステム

エクスウェアが提供する顔パスシステムは、ユーザーの顔を会員証として、AI(人工知能)を活用した顔情報の照合・認証を行いユーザー情報の管理を行うシステム。また、登録情報にサービスを紐づけることで特定のユーザーを対象に個別のサービスの提供も行える。
ラーメン凪 田町店では、顔認証から注文(発券)までをシステム化しており、ユーザーに合わせたサービス提供とキャッシュレスサービスを行うことで顧客満足度向上によるリピータ増加を実現している。

顔認証システムの特徴

顔パスシステムのもととなる顔認証システムの特徴は以下の通り。
  • 専用機器を必要としない
    インターネットに接続できるデバイスであればシステム利用ができるため、高価な専用機器は不要
  • オンプレミスで使用できる
    クラウドを使わずにサーバーを持つことでオンプレミスでも環境構築が行える
  • 希望に合わせたカスタマイズが可能
    自社開発AI及びシステムなので希望に合わせたサービスの提供が行える

活用シーン

エクスウェアの顔認証システムは飲食店、販売店、商業娯楽施設から企業まで幅広く利用でき、様々な課題を解決できる。
  • 顧客に合わせた商品・サービスの提案
    飲食店、販売店、商業娯楽施設などの企業が抱える、接客サービスレベルを向上させたい、顧客に最適なサービスを提供したい、といったニーズに対して、顧客の年齢、性別、来店状況をAI(人工知能)を活用し分析を行い、顧客のニーズにあったサービス提供や、お財布レスでスマートに決済可能にするなど、新たな体験を提供し、顧客満足度の向上を実現
  • セキュリティーの向上
    入退室管理では、従来ICカードで入退管理をしていたところを顔認証に置き換えることで、問題視されていた本人のなりすましや、認証カードの紛失、代理チェンクインアウトを抑制し、勤怠情報の信ぴょう性向上と入室管理のセキュリティー向上を実現。また、「見守り」「防犯」においても、人手に頼っていた部分を顔認証の活用によりカバーできる

顔認証システムの仕組

  • 顔情報の登録
    1.利用者の顔写真と、個人情報などを登録
    2.顔情報とその他情報は顔DBに保存され、顔認証AIエンジンで機械学習が行われる
  • 顔情報の認証
    1.インターネットに接続されている端末のカメラに顔をかざし認証を行う
    2.カメラから読み取られた顔情報を、顔認証AIエンジンが学習した顔情報とその他の情報を参照し、顔情報が一致した場合認証され完了
顔認証システムの仕組

顔認証ソリューション詳細ページ

リリースの詳細について

■エクスウェア株式会社 プレスリリース

関連記事