商材|集客・販促 2018.12.25

ユニフォームにこだわる店が強い理由|おすすめ制服ブランド、通販サイト

ユニフォームにこだわる店が強い理由|おすすめ制服ブランド、通販サイト
1
おしゃれなユニフォームで得られるメリット
2
ユニフォーム選びのコツ
3
おすすめ制服ブランド、通販サイト10選

目次

おしゃれなユニフォームを採用している飲食店は意外と少なくない。制服にこだわりはない、別に何でもいい、と思っている飲食店オーナーもいるかもしれないが、それは大きな間違いだ。ユニフォームにこだわることで、飲食店にプラスになることはたくさんある。ここではおしゃれなユニフォームを採用することで得られるメリット、選び方などについてまとめてみた。オーダーとレンタルの違いや、おすすめブランド、通販サイトも紹介しよう。

おしゃれなユニフォームで得られる利点

飲食店がおしゃれなユニフォームを採用すると、さまざまなメリットを得られるようになる。お店のブランディングにもつながるうえに、人手不足の解消も望めるのだ。また、清潔感をアピールできるのは、飲食店にとって大きなプラスとなるだろう。

iconブランディングにつながる

飲食店において、ブランディングは重要な課題のひとつ。他店との違いを明確にし、差別化を図ってブランド力をアップすれば、集客につながるからだ。ブランディングの手法はいくつもあるが、お店のコンセプトを明確に打ち出すことが基本的なポイントだ。おしゃれなユニフォームは、そのための大きな武器になる。

スタッフがおしゃれなユニフォームを着ていれば、「あそこのお店は制服がかわいいよね」といった具合に話題にもなりやすい。また、制服に企業のイメージカラーを入れることで、その色を見たときにお店をイメージしてもらいやすくもなるだろう。このように、ユニフォームはお店のコンセプトを表現でき、ブランディングに大きく役立つ

icon2人手不足が解消できる

飲食業界は慢性的な人手不足だといわれている。特にアルバイトは、高賃金というわけでもなく、体力仕事のため人が集まりにくい。人手不足に悩む飲食店オーナーも少なくないが、おしゃれなユニフォームを採用することで、その問題は解決するかもしれない。

ユニフォームがおしゃれなら、その制服を着てみたいと考える人が求人に応募してくる。例えば、制服がおしゃれだと有名な学校では、その制服を着たいがために受験した、という人が大勢いる。それとまったく同じことが起きると考えて差し支えないだろう。

同じ仕事内容、似たような賃金なら、多くの人はおしゃれなユニフォームを採用しているお店で働きたいと考える。特に女性の場合は、その傾向はより顕著になると考えられる。

icon3清潔感をアピールできる

清潔感のない飲食店に、お客様は足を運ばないだろう。衛生的でない、清潔感がないと1度でも思われてしまうと、2度と足を運んでもらえないこともある。飲食店にとって、清潔感をアピールすることはとても大切なのだ。制服を採用することで、清潔感をアピールでき、お客様に安心感を与えられるのは大きなメリットといえる。

ユニフォームには、綿とポリエステルの混合素材を使用したものも多い。この素材だと、シワが入りにくいため、清潔な印象を与えられる。また、洗濯しやすい素材のため、常に衛生的な見た目を保つことが可能だ。結果的に清潔感をアピールでき、お客様にきれいなお店、清潔感のある飲食店だと印象づけられる。

ユニフォーム選びのコツ

飲食店のユニフォームを選ぶうえで、大切になるポイントはいくつかある。ここでは、ユニフォームを選ぶときのコツを紹介するので、ぜひ目を通してほしい。また、オーダーか既製品の購入か、それともレンタルか、それぞれのメリット、デメリットについてもお伝えしよう。

飲食店ユニフォームイメージ

選ぶうえで重要なポイントとは?

実際に制服を着るのはお店の従業員だ。そのため、制服には快適性が求められる。通気性が良いか、動きやすい素材を使用しているかなどを確認しよう。また、お店のコンセプトにマッチしているかどうかも重要なポイントだ。明らかにお店のイメージと合わないデザインは避けたほうがいいだろう。ここで間違った選択をすると、ブランディングも失敗してしまう。

見た目が衛生的かどうかも大切だ。シワの入りにくい、綿とポリエステルの混合素材なら、衛生的で清潔な印象も与えられる。また、制服を常に清潔に保つには、頻繁に洗濯をしないといけない。それを考えると、耐久性があるかどうかも制服を選ぶときのポイントになってくるだろう。

オリジナル?購入?レンタル?

制服を採用する方法は主に3種類ある。オリジナルをオーダーする、既製品を購入する・レンタルするという方法だ。それぞれにメリットとデメリットがあるので、覚えておこう。

完全オリジナルのオーダー品だと、デザインも自由自在なので、お店のコンセプトをストレートに制服へ反映させることもできる。デメリットとしては、デザインから製作まで1から始めるため、どうしても価格が高くなることが挙げられる。

既製品を通販サイトなどから購入する方法だと、手軽に制服を導入できるメリットがある。比較的安価なものもあるため、予算の範囲内でそろえやすいだろう。デメリットとしては、市販品のため、他店と被ってしまう可能性があることだ。

ユニフォームのレンタルだと、さまざまなデザインの中から選べるメリットがある。また、初期費用としてまとまったお金も不要だ。デメリットとしては、毎月レンタル料を払う必要があるため、固定費が発生する。

おすすめ制服ブランド、通販サイト10選

ここからは、飲食店におすすめの制服ブランド、通販サイトを紹介する。気になるところがあれば、ぜひ検討してほしい。

オーダーiconsitateru(シタテル)

sitateruサイトのキャプチャ

制服を1からオーダーできるサービスだ。登録後にマイページから相談できるのもポイント。小ロットから生産できるため、小さな飲食店にもおすすめできる。量産は、サンプルで仕様を確認した後なので、イメージに近い制服を作りやすい。社員食堂「NEON DINING」や老舗酒造「福光屋」など、おしゃれで機能的なデザインの制服を多数生み出している。

関連記事>>>
お洒落なワークウェアで人手不足は解決できる


ブランドiconセブンユニフォーム

セブンユニフォームサイトのキャプチャ

ホテルやレストラン、食品加工場などで働く人のための、ユニフォームを製造販売している。価格帯は幅広いが、3,000~4,000円台で購入できるアイテムも多い。業界最安値と謳う黒ベスト(男女)や、コックコート、シャツ、和風ユニフォームも幅広くそろえているので、ユニフォームは作りたいが予算を最小限に抑えたい、というお店は要チェックだ。


ブランドiconHAKUÏ

HAKUIサイトのキャプチャ

1992年に誕生した老舗のブランド。おしゃれなデザインのユニフォームが多い。個性的な制服を求めているのなら、ぜひ検討してほしいブランドといえるだろう。トップスで12,000~16,000円くらいのアイテムが多いが、10,000円を切るものもたくさんある。


ブランドiconarbe

arbeサイトのキャプチャ

飲食店やエステ、医療関連の業界を中心に、スタイリッシュな制服を提供している。1952年から操業している老舗メーカーだ。既製品の購入はもちろん、オーダー、カスタマイズもできる。全国にあるユニフォーム販売代理店で購入が可能だ。2,000~6,000円程度の既製品が多く、意外とリーズナブルな価格で手に入れられる。


ブランドiconFACE MIX

facemixサイトのキャプチャ

ベーシックでさまざまな業種、お店の個性にマッチするアイテムを多く取りそろえている。シーンやテイストから選べるので、お店のコンセプトに合ったものも見つけやすいだろう。5,000~10,000円程度の価格帯の品が多い。アメリカのメジャーブランド「Lee」とのライセンスによるワークウェアも取りそろえている。


通販サイトicon食べコレ

飲食店に特化したユニフォームを扱う通販サイトだ。日本料理店からカフェまで、あらゆる飲食店にマッチした制服を手に入れられる。ケーキ屋、パン屋、アジアン、イタリアンレストラン用など、細かく分類されているのが特徴だ。ネームプリント加工などのカスタマイズも可能だ。2,000~10,000円と価格は幅広い。


通販サイトiconFOOD UNIFORM

こちらも飲食店ユニフォームを専門とする通販サイトである。サンプルの貸し出しもしているため、実際の洋服を見て購入できる。刺繍・プリントにも対応。2,000~3,000円台で買えるアイテムが多いのは魅力的。1枚から大量枚数の受注まで幅広く対応している。福井市観光物産館「福福館」のコンシェルジュ、老舗和菓子屋「竹内菓子舗」のコックコート、「パティスリーVIVANT」のユニフォームなど、カスタマー目線のおしゃれで機能的なユニフォームを作り出している。


通販サイトiconユニフォームタウン

あらゆる業界のユニフォームに対応した通販サイトである。最短2日でお届け可能なので、急ぎで制服が欲しいときにも重宝するだろう。刺繍・プリント、サンプルの無料貸し出しも行っている。また、ネット上で自らデザインして発注することもできる。取り扱い点数350,000点と、圧倒的な品ぞろえが魅力だ。2,000~4,000円程度のアイテムが多い。お好み焼き「わらえる」のスタッフユニフォーム、大手テレビ通販企業、QVCジャパンのスタッフユニフォーム、電子機器メーカー、オリンパスのチームウェアなど、多業種に渡る実績を誇る。


レンタルiconサニクリーン

全国50,000店以上にレンタルしている実績がある。体形の変化によるサイズ交換に無償で対応するなど、アフターサービスが充実しているのが魅力的。鮨割烹「やま中」、中国料理「梨園」、オリエンタル料理の「Tartan Nady」など、厨房のシンプルで清潔感漂うユニフォームも多数作っている。定期的に、クリーニングしてきれいな状態の制服を届けてもうこともできる。費用は要問い合わせ。


レンタルiconユニレックス

ユニフォームレンタルと、クリーニングをトータルサポートしている。100種類以上におよぶレンタルユニフォームを扱っているのもポイント。自社クリーニング工場を持っており、それぞれのユニフォームに合わせたクリーニングを徹底して行っている。レンタル後のクリーニング、管理、リフォームなどがすべて任せられるのが特徴だ。費用は要問い合わせ。

ユニフォームの重要性を見直そう

おしゃれなユニフォームを採用すれば、お店のブランディングにもなり、人手不足の解消も望める。清潔感もアピールでき、他社、他店との差別化ができるため集客にも結び付きやすくなるだろう。単なる仕事着と考えず、集客や知名度向上に役立つアイテムだと考えてほしい。お店にマッチした、おしゃれなユニフォームの導入を積極的に検討してみよう。

『sitateru』

シタテル株式会社

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-6-10 Qビル 2階

関連記事