EATAS
宣伝・集客|SNS2018.11.30
EATAS

集客をまるっとお任せ!|SNS運用代行サービス5社の特徴・費用を比較

集客をまるっとお任せ!|SNS運用代行サービス5社の特徴・費用を比較

現在、SNSを利用して集客を行う飲食店は非常に多い。しかし、SNS集客に興味はあるものの、忙しさから自分で運用するのは難しいと考えている飲食店オーナーも多いのでは? そんな時にぜひ利用したい、SNS運用代行サービスをご紹介! 興味のある飲食店オーナーはぜひ参考にしてほしい。

目次

飲食店のSNS運用に関する悩み

飲食店の集客において、SNSを活用するのは非常に有効な手段だ。しかし、アカウント作成や各SNSの効果的な使い方を調べるなど、導入するまでには多少の手間が掛かる。さらに日々運用していく時間がなかなか確保できないという飲食店オーナーや店舗責任者も多いだろう。

規模の大きなチェーン店では広報担当部門を設置している場合もあるが、個人店ではSNS運用にあたり、専任のスタッフを雇用することも厳しいだろう。そのような悩みを抱える飲食店オーナーには、SNS運用代行サービスを利用するという手がある。

SNS運用代行サービスって何?

SNS運用代行サービスとは、煩雑になりがちなSNSの運用を企業に委託し、円滑に運用してもらえるサービスのことだ。InstagramやFacebook、TwitterやLINEをはじめとしたSNSは、複数を利用すればするほど、運用に掛かる工数が増えてしまう。それらの運用をまとめて代行し、さらにページの分析などを請け負ってくれるSNS運用代行サービスは、多忙な飲食店にとって非常にメリットがある。SNS運用代行サービスを利用することによって工数が削減できるだけでなく、集客力の高い運用を行っていくことも可能となる。

SNS運用代行サービスの種類

SNS運用代行サービスでは、実際どのようなことをしてくれるのだろうか。
以下がSNS運用代行で受けられるサービスの一例だ。

  • 投稿代行
  • コメントの返信
  • 競合ページ分析
  • コンテンツ作成
  • アクセス分析
  • インサイトレポート作成

※インサイトレポート…SNS運用時に、どのようなユーザーからよく見られているのか、反響の大きかった投稿はどれなのかなどデータをもとに分析したレポート

SNS運用代行を使うメリット

SNS運用代行サービスを利用することには、大きく2つのメリットがある。

まず、SNS運用に割かなければならない時間を大幅にカットし、本業に専念できるという点だ。集客力アップも勿論重要なことだが、SNS運用などに工数を奪われ、料理の仕込みやアルバイトを含む従業員の教育がおろそかになってしまっては本末転倒である。本業に充てる時間を確保するという意味でも、SNS運用代行サービスを利用するメリットは大きい。

次に、運用のプロに任せることによって、自らSNS運用を行うよりも多くの集客を見込めるというメリットだ。SNS運用代行サービスを提供する会社は、数多くのクライアントを抱えており、SNS運用における成功事例や細かいノウハウを多数持っている場合がほとんど。したがって、より多くの集客が見込めるという点でも、運用代行を使うメリットがある。

SNS運用代行サービス5社比較

それでは、肝心のSNS運用代行サービスを選ぶにはどうしたら良いのだろうか。まずは、サービス内容や対応ツール、サービス利用時に掛かる費用などを比較検討して選ぶ必要がある。ここでは、SNS運用代行サービス5社の特徴についてまとめたので、導入の判断材料として活用してほしい。

新大陸

新大陸のロゴ
インターネット上でのPRに特化しているのが「新大陸」だ。「地域のお客様を集めるソーシャルメディアノウハウ」を用いて、各セクションの専門家を集めて4人体制でひとつの店舗のサポートを行う。飲食店などをはじめとした小売店の集客を効果的に運用する提案を行っている。

対応ツール
業務範囲
費用
Facebook、Twitter、Instagram、LINE、YouTubeなど
週2回のコンテンツ投稿。ライターやフォトグラファーとの打ち合わせの上、直接取材を受けられる
月額199,800円~


HELP YOU

HELP YOUのロゴ
株式会社ニットが運営するSNS運用代行サービス。運用代行のほかにも、採用活動などの課題に取り組むサービスがある。こちらのサービスは作業内容や件数ではなく、アシスタントの稼働時間に対して料金を設定するという点が特徴的だ。また、新規契約に限り、初月の余った時間を翌月に繰り越して利用することも可能。

対応ツール
業務範囲
費用
Facebook、Twitter、Instagram、その他広告や自社メディアのサポート
コメントの返信、インサイトレポート作成、競合ページ分析、コンテンツ作成、投稿代行、アクセス分析など多岐にわたる
月額80,000円~(30時間稼働)


シーエスレポーターズ

シーエスレポーターズのロゴ

大手企業やメーカー、映画業界やアニメ業界などでも制作実績を持つ「シーエスレポーターズ」。豊富な実績があるからこそ、戦略的なSNS運用を任せることが可能だ。

対応ツール
業務範囲
費用
Facebook、Twitter、Instagram
SNS運用だけでなく、SNSとの連動キャンペーン企画・制作も行っている
月額30,000円~(投稿20件)※半年後から費用はアップする


SmartPR

SmartPRのロゴ
導入企業100社以上の実績を誇るSNS運用代行サービス。飲食店での導入実績もあり、導入した店舗がハッシュタグ検索でトップ表示されたという事例も。主にInstagramに特化したサービスであり、写真を送るだけで運用を代行してくれる。さらに、成果が出なければ全額返金の保証も付いている。

対応ツール
業務範囲
費用
Instagram
投稿代行などの運用だけでなく、運用方針・プラン設計や、ターゲット選定、広告出稿、インフルエンサーの活用も可能
要問い合わせ


ソーシャルメディアラボ

ソーシャルメディアラボのロゴ
SNSマーケティングからリスク管理までを行ってくれるのが「ソーシャルメディアラボ」の運用代行サービスだ。SNSごとの最適な投稿の仕方などもホームページ上にまとめてあり、分析をもとにした効果的な運用が期待できる。

対応ツール
業務範囲
費用
Facebook、Twitter、Instagram、LINEなど
コメント対応、投稿内容の企画、運用分析などを一括して委託できる。SNS上のトラブルを防ぐマニュアル作成も可能
要問い合わせ(個別見積り)


運用コンサルだけ委託する方法もあり

大変便利で効果的なSNS運用代行サービスだが、導入にあたり、費用が掛かるなど懸念点もあるだろう。

SNSへの投稿やコメント対応などの運用は独自に行いたいが、フォロワーを増やしたり、コンバージョンにつなげたりするためのノウハウをサポートしてほしい飲食店オーナーは、株式会社ビゴップの「Recourse (リコーズ)」を利用するのも手だ。1店舗月額10,000円から利用できるので、SNS運用代行サービスに丸ごと委託するよりもリーズナブルだ。

「Recourse」のコンサルティングサービスでは、SNSごとのターゲットユーザーの特性や最適な活用方法を分析し、さらに、お店の特徴を踏まえて、最も効果的なSNS活用方法を提案してくれる。

飲食店の集客を行う際に非常に重要なSNS。費用対効果を考えた上で、運用代行サービスを利用するか、運用コンサルをお願いするか、自身で運用を行うかを考える必要があるだろう。SNSを活用して、より効果的な集客を行うために、自店舗にとって最適なサービスを賢く選ぼう。

関連記事