悩み解決|人材 2019.02.26

人材紹介の手数料の相場|飲食店が利用するメリット、支払いのタイミング

人材紹介の手数料の相場|飲食店が利用するメリット、支払いのタイミング
1
人材紹介サービスの手数料の相場は?
2
紹介料支払いのタイミングはいつ?
3
人材紹介会社に相談してみよう

目次

飲食店にとって、優秀で質の良い人材を確保することは重要な経営課題だ。人材の質がお店の質に直結すると言っても過言ではなく、評判や集客にも関わってくる。人材を確保する方法の1つとして、人材紹介サービスがある。実際に使う場合の手数料や費用の相場感を知りたい飲食店オーナーも多いことだろう。この記事では人材紹介サービスの費用相場や支払いのタイミング、飲食店が利用するメリット、サービス利用の流れ、早期退職してしまったときの対応など、気になることについてまとめてみた。

人材紹介サービスの手数料の相場は?

どれくらいのコストが必要なのかわからなければ、サービスを利用することはできない。多くの人材紹介サービス企業がある中で、まずは一般的な紹介サービスの手数料相場を見ていこう。

手数料は「完全成功報酬型」が一般的

ほとんどの人材紹介サービスでは、「完全成功報酬型」を採用している。この場合、人材の紹介を依頼しただけでは費用が発生することはない。紹介してもらった人材を採用して、初めて報酬が発生するという仕組みだ。つまり、初期費用がかからないという大きなメリットがある。これなら安心してサービスを利用できるだろう。

完全成功報酬型でないと、採用に至らなかった場合にその都度費用がかさんでしまう。これは飲食店オーナーにとって致命的だ。成功報酬のシステムなら、採用するまでは費用がかからず、実際に人材を確保できたら手数料を支払うことになる。

手数料の相場は理論年収の30~35%

理論年収とは、予測される年収という解釈で問題ないだろう。1年間の給与や賞与、諸手当などを合算した数字となる。飲食店の人材紹介では30~35%の手数料が多いようだが、専門職だとこの割合が高くなることもあるので覚えておこう。

例えば、理論年収が500万円の人材を採用したとする。手数料が30%だった場合、150万円を人材紹介会社に支払うということだ。これを高いと感じるかどうかは人それぞれだが、それで長く働いてくれる優秀な人材が確保できるのなら、決して高すぎることはないだろう。

ただ、30~35%というのはあくまで相場だ。実際には、50%という高い手数料を提示しているところもある。現在では人材紹介サービスを行う会社も増え、料金のシステムや手数料もまちまちだ。後悔しないよう、あらかじめ確認することを忘れないでほしい。

早期退職の返金保証がある場合も

採用してもすぐに辞められたら……」という不安を持つのも理解できる。実際、このようなことが決してないとは言い切れないだろう。人材紹介会社によって異なるが、早期退職の場合に返金してもらえるケースも多い。ただ、その金額はサービスによって異なる。

一般的には、2週間以内に退職したら全額返金、30日以内だと80%、60日以内で50%といった具合に金額が変わってくることがほとんどだ。また、人材紹介会社によっては、早期退職にならないような仕組み、体制を整えているところもある。

注意したいのは、早期退職が続き返金ばかりになってしまうと人材紹介会社から、お店のオーナー、既存のスタッフに何かしらの問題があるかもしれない、と思われてしまうこと。こうなると、以降人材を紹介してくれなくなる可能性がある。もし、紹介してもらった人材が、これまでに何度か早期退職をしているのなら、原因を探ってみることだ。もしかすると、オーナーの見えないところに問題があるかもしれない。人材紹介会社からそっぽを向かれてしまう前に、改善できることは改善しよう。

人材紹介のイメージ

サービスの流れと支払いのタイミング

ここでは、人材紹介サービスの大まかな流れについてまとめてみた。また、気になる支払いのタイミングについてもお伝えしよう。人材紹介サービスの利用を本気で検討しているのなら、ぜひ目を通してほしい。

まずはサービスの流れをチェック

最初に、人材紹介サービスを提供する会社からのヒアリングがある。どのような人材を求めているのか、どんな職種なのか、希望することはあるかといった内容だ。できるだけ細かく要望を伝えることで、理想にマッチする人材を確保しやすくなる。

次に、飲食店のオーナーからヒアリングをした人材紹介会社のスタッフが、登録している求職者の中から選定を行う。クライアントが求めている適切な人材を確保しなくてはならないため、紹介会社としてはここが一番神経を使うところだろう。

選定が終われば、人材紹介会社から人材の情報が渡される。飲食店のオーナーは、それをもとに面接を行うのだ。なお、成功報酬型の会社だとここまでは無料となる。仮に、面接した結果、採用を見送りとなった場合でも費用が発生することはない。採用となったら入社日を決め、お店の戦力として働いてもらうことになる。これが、人材紹介会社を利用したときの大まかな流れだ。

紹介手数料の支払いのタイミング

支払いのタイミングは人材の採用時、もしくは入社時になることがほとんどだ。これは会社によって違いがあるため、事前に確認したほうが良いだろう。

人材紹介会社の公式ホームページには、支払いのタイミングについて記載していないこともある。完全成功報酬型、とだけ書いてあり、詳しい支払い日について書いていないことも多いのだ。そのため、人材紹介会社を利用するときには、前もって支払いのタイミングをチェックしておこう

支払いのタイミングだけでなく、どのような支払い方法が可能なのかも確認しておいたほうが良い。現金でしか支払えないのか、手形は使えるのか、カード決済は可能なのか、など。資金繰りの問題で、どうしても現金が使えないというケースもあるだろう。併せて確認しておきたい。

入念に確認する飲食店オーナー

人材紹介サービスを利用するメリット

人材紹介サービスを利用すると、確かに優秀な人材をマッチングしてくれる。これはメリットに違いないが、1人あたりの採用コストが100万円を超すことも珍しくない。そのため、飲食店オーナーによっては、求人広告やほかの方法を試したほうがいいのでは、と考えることもあるだろう。では、実際のところ、飲食店が人材紹介サービスを利用するメリットはあるのだろうか。

人材紹介サービスには無駄がない⁉

人材紹介サービスを利用すると、採用担当者の負担を軽減できるというメリットがある。飲食店の場合、採用担当者は専任ではなく本業との兼任のケースが多く、その負担は大きい。本業の傍ら、送られてきたエントリーシートの選定やリサーチ、面接などを限られた人数でこなさなくてはならない。毎日夜遅くまで残業しながら、業務を行っている採用担当者も決して少なくないだろう。

頑張って仕事をしてくれるのはありがたい話だが、その分人件費がかかってしまうし、下手をすると離職につながり、新たに人材を採用しなくてはならないケースもある。つまり、採用担当者の労力が増えれば増えるほど、コストがかさんでしまうのだ。しかし、人材紹介サービスだと、採用活動に関わる業務のほとんどを代行してもらえる。担当者の負担を大きく減らし、人件費も削減できるのだ。

また、すでにお伝えしたように、多くの人材紹介サービスは完全成功報酬型となっている。実際に採用にいたるまでは費用が発生せず、万が一早期に辞めてしまった場合でも返金されることがほとんどだ。こうした理由から、ほぼ確実に理想的な人材を確保することが可能になる。

採用コストに無駄がないのは、大きなメリットであり魅力と言えるだろう。だからこそ、多くの飲食店オーナーは人材紹介サービスを利用しているのではないだろうか。

人材紹介会社に相談してみよう

完全成功報酬型を採用している人材紹介会社がほとんどなので、まずは気軽に相談してみることだ。公式ホームページから問い合わせができるし、資料請求できるところもある。紹介手数料や返金の規定などは会社ごとに異なるため、下記の関連記事も参考に、利用を検討してみてはいかがだろうか。

関連記事>>>
飲食店特化型人材紹介7選を徹底比較
高いマッチング精度の人材紹介派遣サービス
効率的に採用ができる人材紹介サービス
飲⾷特化型人材サービスで優れた⼈材を獲得
ミスマッチを利用した人材紹介サービス
ベストマッチを実現する求人・転職支援
求人の悩みは飲食業界専門求人サイトで解決!

『テンポスジョブ』

株式会社テンポスホールディングス

〒144-0031

東京都大田区東蒲田2-30-1

『フード天職.COM』

株式会社グローアークス

〒108-0074

東京都港区高輪3-25-27-1012

関連記事