悩み解決|売上 2018.10.30

集客できるポスティングのチラシデザイン|おすすめデザイン会社・テンプレート

集客できるポスティングのチラシデザイン|おすすめデザイン会社・テンプレート
1
集客できるデザインの重要ポイントとは?
2
飲食店チラシのプロに依頼するなら
3
無料で使える!自作に便利なテンプレート

目次

チラシをポスティングしても効果が見られないという方もいるかもしれない。効果的な集客をするためには、配る枚数だけでなくチラシのデザインにも工夫が必要だ。そこで、ここでは飲食店へ集客が期待できるチラシデザインを制作してくれる会社をまとめてみた。無料で使えるおすすめのテンプレートも紹介するので、ぜひ店舗の集客に生かしてほしい。

集客できるデザインのポイント

「集客できるデザインがわからない」という悩みは多くの飲食店オーナーが抱いているのではないだろうか。ポイントはいくつかあるが、最も重要なのがキャッチコピーだ。キャッチコピー次第で、チラシが即ゴミ箱行きになるかどうかが決まると言っても過言ではない。「どこよりも新鮮な肉を豪快に使ったステーキ!」「業界屈指の激安価格に挑戦した高級中華!」など、目を引くキャッチコピーを考えよう。

料理の写真を使うのも効果的だ。人は文章よりも絵や写真から得る情報のほうが視覚的に捉えやすい。文章でおいしさを綴るよりも写真のほうがイメージしやすく、お店に行ってみたい、食べてみたいという欲求が刺激できる。また、料理の写真をそのまま載せるのではなく、「おいしそう」と思ってもらえるように工夫して撮影することも重要なポイント。これだけでも集客力は大きく改善するはずだ。

自作にするか、プロに依頼するか

自作したチラシとプロに依頼したチラシのどちらがよいかは、一概に言い切ることはできない。自作したチラシをポスティングして集客に成功している飲食店もたくさんある。逆に、プロに依頼して作ってもらったのに、ほとんど集客に影響しないというケースも少なくない。それぞれにメリットとデメリットがあるため、そこを理解することが大切だ。

自作のメリットは、自分の思い通りのチラシを作れること。じっくり案を練り、自分のペースで作ることができる。少ない枚数であれば自前のプリンターを使って印刷することも可能なので、コストを低く抑えられる。

デメリットは、いかにも素人っぽいデザインになってしまいがちなことだ。また、集客のノウハウがないと、時間をかけたのに効果が上がらない、という結果にもなりかねない。

一方で、プロに依頼するメリットは、集客のノウハウを生かしたデザインのチラシを作れることだ。デザインから印刷、ポスティングまで一貫して依頼できるところもある。また、大量印刷にも向いている。デメリットは、自作よりもコストがかかることだろう。双方のメリットとデメリットを理解し、予算と相談しながら検討することが大切だ。

関連記事>>>
In-house designer|飲食店専門の販促デザイン


埼玉県N店:宴会チラシ

【埼玉県N店:宴会チラシ】左はオーナーがエクセルで作成したもの。右は飲食店専門の販促デザインサービス『In-house designer』で一新。プロの手が入るとここまで変わる

飲食店チラシのプロに依頼する

業種が異なれば、チラシのデザインも大きく変わる。飲食店のチラシがインパクトやビジュアル重視なのに対して、学習塾や英会話スクールは実績、サービスなどの情報をたくさん盛り込む必要がある。会社によって、得意とする系統のチラシが変わってくる。

ポスティングしたチラシを手に取って見てもらうためには、「見てもらえる」ことを重視した飲食店のチラシの制作実績があるプロに依頼するのが確実だ。ここでは、集客力アップが期待できるチラシを作成してもらえる企業をいくつかピックアップする。

飲食チラシ制作.com

1万4000件以上の制作実績を誇る飲食店のチラシを得意とする制作会社。過去のデータをもとに、集客のノウハウを駆使したチラシの作成を行っている。ニーズやターゲットに合わせたチラシの作成はもちろん、反響分析や売上改善の提案などアフターフォローも充実。

参考価格:8万円程度

※ヒアリング提案、キャッチコピー、画像データ制作込で、両面デザインの場合。印刷や新聞折込の利用は別料金

依頼できるサービス:デザイン・印刷・新聞折込など


チラシデザイン作成PRO. 

年間2000件以上の企画提案をしていて、豊富な実績とノウハウが強みだ。チラシのデザインのみの依頼だけでなく、印刷や折り込みなどにも対応が可能。業種別のデザイナーがデザインを担当するため、業界に適したチラシが作れる。

参考価格:11万円〜

※両面の場合。片面は8万円〜。印刷、新聞折込などのサービスの利用は別料金

依頼できるサービス:デザイン、印刷、新聞折込、ブランディング、チラシ作成サポートなど


ASOBO DESIGN

飲食店、介護、アロマテラピーなど、幅広い分野でチラシのデザインを行っている。プロのデザイナーによるクオリティの高いデザインが魅力的で、印刷にも対応可能だ。また、小ロットから大部数まで柔軟に対応しており、必要に応じて相談できる。

参考価格:2万5,960円〜

※両面の場合。印刷費・送料込。片面は1万9,960円〜。最低規格はA6サイズの100部

依頼できるサービス:デザイン、印刷、増刷など


ワードメーカー株式会社

キャッチコピーの作成までしてくれるデザイン会社だ。集客を最大の目的としたチラシのデザインを行っており、飲食店はもちろん、多彩な分野でチラシを作っている。作成実績も豊富なので安心して任せられる。

参考価格:6万8,000円〜

※両面の場合。片面は4万8,000円〜。コンセプト決め、コピーライティング、デザイン、1000部の印刷込

依頼できるサービス:デザイン、印刷、Illustratorデータの提供、チラシのPowerPoint化、チラシからのホームページ制作など


飲食店輪区

飲食店のためのあらゆる販促物の制作を請け負っている制作会社。ロゴマークやスタンプカード、メニュー表など、チラシ以外にも飲食店に必要なものはあらかたそろうだろう。開業パックやキャンペーンも豊富に行っている。

参考価格:1万6,000円〜

※両面の場合。片面は1万1,000円〜。デザインのみで、集客ノウハウの提案、地図作成、3回までの修正込

依頼できるサービス:チラシ、印刷、新聞折り込みなど

無料で使える!おすすめテンプレート

「なるべく自分でデザインしたい」という場合は、既存のチラシテンプレートを利用することをおすすめする。テンプレートを使用すれば、一からデザインすることもなく、短時間で集客力の高いチラシが作成できるだろう。ここでは、無料で利用できるテンプレートを集めてみた。なるべくイメージに近いものを選んで、チラシの制作に役立ててほしい。

ラクスル

URLhttps://raksul.com/online-design/flyer/

テンプレート数:450種類以上(A4の場合)

無料デザインサービスを展開していて、それぞれの用紙サイズに対応した豊富なテンプレートを利用できる。数が非常に多いので、ざっと見ていきながらイメージにマッチしたものを選ぶとよいだろう。オンライン上で画像や文字などの配置を自由に変えられる。また、でき上がったデザインをそのまま入稿することも可能だ。テンプレートをダウンロードしてデザインし、ファイルを変換して入稿、といった手間がない。さらに、デザイン画面の操作性もよく、初めてでも簡単にチラシを作ることができる。

関連記事>>>
印刷から配布まで可能なポスティングサービス



パワポン(アスクル)

URLhttps://ppon.askul.co.jp/search/__all__

テンプレート数:1500種類以上

あらゆるオフィス用品を扱う、アスクルが提供している無料のテンプレートだ。1,500種類にもおよぶ膨大なテンプレートがあるため、イメージにマッチするデザインを見つけやすいだろう。ファイルはすべてpptx形式のため、デザインの編集にはPowerPointが必要だ。飲食店はもちろん、医療や介護、教育、小売り販売など、多彩なシーンに合うテンプレートを用意している。用途やシーン、イメージなどから選べるのもメリットと言えるだろう。


ジオプリント

URLhttps://www.geoprint.jp/user_data/designtempl_restaurant.php

テンプレート数:10種類以上 ※飲食店向けに公開されているチラシ項目数

飲食店系のチラシテンプレートも用意されている。ポップなものが多く、チラシだけでなく、短冊ポスターや割引券、卓上ポップ、DMなどのテンプレートまでそろう。illustrator、Wordのファイル形式に対応しており、テンプレートをダウンロードするときにどちらか選べるようになっている。Wordで編集したい場合はWord形式のテンプレートをクリックしてダウンロードしよう。

効果測定をして次の施策に生かす

どんなにすばらしいデザインのチラシを作っても、集客につながらなければ意味がない。次回のチラシ作成に生かすためにも効果測定は必ずしておこう。効果測定の方法は、口頭で「当店を知ったきっかけは何ですか?」と尋ねてもよい。また、アンケートを取ることで効果を測定することも可能だ。効果測定とチラシのデザインの試行錯誤を繰り返すうちに、集客にも結び付いてくるはずだ。

関連記事