商材|IT・情報 2019.05.07

報告アプリを活用して業務効率化をすすめよう

報告アプリを活用して業務効率化をすすめよう
1
テンプレートを選ぶだけで店舗向けアプリが完成
2
どのような場面で使われている?
3
報告データを活用しよう!

アステリア株式会社が提供する『Platio(プラティオ)』は、テンプレートを選ぶだけで現場に応じたアプリを作成・利用し、現場からのデータ収集・活用を実現するクラウドサービス。店舗から本部への報告のほか、店舗間での情報共有などのシーンでの利用を想定しており、報告業務の効率化や本部と現場感の連携強化を実現するツールだ。店舗の情報共有を簡単に、そしてスマートにしてくれるという『Platio』について、飲食店での活用方法や事例などを伺った。

テンプレートを選んで店舗向けアプリが完成

「誰でも簡単にアプリを作る」ことができるのが、『Platio』の特徴のひとつ。100種類におよぶテンプレートを選ぶだけで現場に応じたアプリを作成でき、必要に応じてアプリの編集も簡単に行えるため、プログラミングを知らない人も安心して利用できる。月額2万円で数種類のアプリがすぐに使える手軽さも魅力だ。

店舗で使えるアプリのテンプレートも豊富。例えば「店舗日報」や「店舗視察管理」「店舗クレーム管理」などの現場で使える報告アプリが用意されており、すぐに作成・利用できる。写真や動画を現場で撮って添付したり、順番に該当する項目をタップして選択すれば報告は完了。多忙な現場でも短時間で確実に報告を完了できる。


店舗の状況をリアルタイムに本部と共有

アプリで報告されたデータはクラウド上に保管されるため、現場と本部でリアルタイムに情報共有が可能。管理画面では、写真や動画が添付された場合も一覧で表示されるため、即座に内容を把握できる。データのグラフ表示や絞り込み、検索もできるため問題の洗い出しや状況把握を容易に行うことができる。

さらに「検知機能」で現場の状況の変化を自動でリーダーに通知してくれるため、現場でフォローが必要になったときに課題をすぐに把握し、素早い対応を行うことができる。データは一元管理されるため、その後の分析や過去データの参照も容易だ。

現場では、報告作業は必須のものだが、紙で実施すると保管場所がなくなる、紛失する、集計やデータ化が手間、情報の共有が遅れるなどの課題がある。『Platio』で作成したアプリであれば手軽に報告でき、データを蓄積してすぐに活用できるのでビジネスのスピードが加速する。

30日の無料トライアルを実施しているので、まずはここから使ってみては。

■『Platio(プラティオ)』 https://plat.io/ja/

資料請求(無料)
データ入力モバイルサービス『Platio』
アステリア株式会社
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事