商材|訪日客対策 2018.08.21

飲食店のインバウンド対応を支援する訪日外国人接客アプリ

飲食店のインバウンド対応を支援する訪日外国人接客アプリ
1
外国人観光客の追加注文を促し客単価が上がる
2
コミュニケーションを大切にした注文方法
3
手頃な料金でネイティブ翻訳の多言語接客が可能に

『WaviSaviNavi』は、飲食店と外国人観光客とのコミュニケーションを円滑化する、多言語接客支援サービス。タブレット・スマートフォンアプリを活用して、翻訳機では翻訳しきれなかったお店の特徴や食材へのこだわり、メニューに関することもネイティブ翻訳してくれる。2017年には外国人審査員が選定する「OMOTENASHI Selection」を初受賞し、「訪日外国人でも違和感なく使用できる」と高い評価を受けた。

 外国人観光客の客単価UP

外国人のお客様が来店したが、料理をなんと説明したら良いかわからず困ってしまった経験はないだろうか。

日本ユニシス株式会社が提供する『WaviSaviNavi』では、料理に関する説明をネイティブの監修を経て自然な外国語に翻訳。料理だけではなく、お店のコンセプトやこだわり、作法までも伝えることができるので、ワンオーダーが多い外国人観光客に、アプリの簡単な操作で単品メニューの追加注文を促してくれる。

「とりあえず生!」など、日本ならではの文化や豆知識を伝えることで楽しんでもらえること間違いなし。リピーターの獲得にも活躍してくれそうだ。

 コミュニケーションを豊かに

使い方は簡単。まず来店した外国人のお客様に、アプリをダウンロードしたタブレットかスマートフォンをお渡しする。ネイティブ翻訳された母国語でメニューの詳細や作法を読んでもらい、メニューに食べたいものが出てきたら数量を選択し、注文ボタンを押してもらう。オーダーボタンを押すとオーダー一覧画面が表示され、店員を呼び出せる。画面を見せれば注文が完了する、という流れだ。直接注文を通さず、一度スタッフを介すことによってコミュニケーションの時間が取れ、日本らしく暖かい接客が可能となる。また、ほとんどの言語に対応可能というのもうれしい。




手頃な料金システム

どんなに良いサービスでも料金は気になるところ。初期費用は「1言語50品目」から「3言語150品目、撮影付き」まで、さまざまな翻訳プランがあり、店舗にあったものが選択可能。月々の支払いは1店舗5,000円。季節の料理などでメニュー変更する場合は、月に3言語、5品目まで無料で行ってくれるそうだ。さらに「忙しいオーナー様の負担を減らしたい」という思いから、面倒な手続きは削減。申込はWEB上から簡単にでき、メニュー変更もLINEやメールで気楽に行える。

外国人観光客のおもてなしに悩んでいるなら、リーズナブルに暖かい接客が可能になる『WaviSaviNavi』を導入してみてはいかがだろうか。

資料請求(無料)
『WaviSaviNavi』
株式会社イツザイ
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事