悩み解決|経営 2018.07.13

カレー屋開業の登竜門『カレー大學』とは?|経営成功のノウハウが学べる

カレー屋開業の登竜門『カレー大學』とは?|経営成功のノウハウが学べる
1
カレー文化の普及と発展をめざす『カレー大學』
2
新たに「カレー店経営学部」を開校
3
カレー研究の第一人者から経営ノウハウが学べる

カレー文化の普及と発展をめざす『カレー大學』を運営する株式会社カレー総合研究所は、設立5年目を機に新たに「カレー店経営学部」を開校。これからカレー店を開業したいという人や、売上やメニューに悩んでいる店舗経営者を対象に、カレー店経営を成功させるノウハウを伝授してくれるという。

カレー大學のロゴ

カレー大學とは?

カレー店を成功させることは、ほかの飲食店に比べて難しいと言われている。というのも、「カレーは家で食べるもの」「自分で作ったカレーが一番おいしい」と思っている人が多く、この認識を超えるには相当な専門知識が必要となる。「例えば、スープカレーとスパイスカレーでは客層となるターゲットが違う。それを理解せずになんとなく開業・経営すると必ず苦労します」と、同社の代表であり、カレー大學学長の井上岳久氏は話している。

カレー研究の第一人者である井上氏

カレー大學は、横濱カレーミュージアムのプロデューサーの経験を持つ、カレー研究の第一人者である井上氏が監修するテキストをもとに、カレーを体系的かつ実践的に学べる講座。

「カレー伝道師」の資格が取得できる『カレー大學』、「カレープロデューサー」「カレーインストラクター」の資格が取得できる『カレー大學院』、「カレー博士」になれる『カレー博士インターン』の3段階で構成されていて、必要な知識がとことん学べる仕組みだ。

カレー店経営学部」開校の背景とは?

カレー店の増加やレトルトカレーの伸長、次々に巻き起こるカレーブームなど、カレー市場の環境が激しく変動するなか、『カレー大學』はこの環境変化に対応できる人材育成の要望を多数受けてきたという。そこで、カレー大學設立5年目の記念事業の第一弾として、新学部「カレー店経営学部」を開校することを決意した。

カレー店経営学部」では、これまでにカレー店の開店100店以上、新メニューを1,000品以上開発をし、繁盛店を作り上げてきた井上氏からカレー店成功のメソッドを学ぶことができる。

カレー大學の講義の様子

井上氏は、カレー店開業のために大切なことは「味決め」「マーケティング」「仕掛け」であるという。カレー店には、ラーメン店やカフェなどのほかの飲食店とは異なる独特の経営ノウハウがあり、それをしっかりと学べばカレー店経営を成功させる確率は高まるとのこと。

卒業生の事例

『カレー大學』『カレー大學院』を修了し、「味決め」の段階で井上氏のコンサルを受けた卒業生がいる。「カレー大學銀座食堂」という、カレー大學のブランド名を借りて期間限定・昼間のみの営業を開始したところ大繁盛で、連日即完売となった。その後、東京・下北沢でカレー店を本格的に出店し、今でも人気店となっている。

カレー店の開業だけでなく、カレーのイベント企画や商品開発などカレーの知識でビジネスを展開している人や、テレビや雑誌などのメディアで活躍する人も多い。カレーの知識を深め、極めるにはほかにはない場所だ。カレーと向き合っていきたいと考えるなら、ぜひその門を叩いてみよう。

■『カレー大學』http://www.currydaigaku.jp/about/

資料請求(無料)
『カレー大學』
株式会社カレー総合研究所
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事