商材|人材・採用 2018.08.08

外国人派遣・紹介のパイオニアに聞いた外国人採用のコツ

外国人派遣・紹介のパイオニアに聞いた外国人採用のコツ
1
グローバルパワー代表が語る外国人採用のコツ
2
圧倒的な外国人人材サービスの「質と数」
3
ミスマッチを起こさないノウハウを持つ

株式会社グローバルパワーは、外国人求職者を企業に派遣・紹介し、双方のニーズをマッチングさせてきた外国人人材派遣・紹介のパイオニア。同社は、外国人人材の派遣・紹介業を中心に、完全成功報酬型(採用課金型)のアルバイト求人サイト「カタコトバイト」や、日本最大級の外国人就職情報サイト「NINJA」を運営し、外国人人材サービスに関するあらゆるニーズに対応している。

人手不足に悩む飲食業界において、外国人の採用を考えているオーナーは多い。どう採用すればよいのか、どこに頼めばよいのか、と迷っているオーナーのヒントになればと、今回、同社の代表取締役・竹内氏に「外国人採用のコツ」について取材した。

「質と数」がある業者を選ぶ

竹内氏は、「日本で働きたい」という外国人と「人員が不足している」と悩んでいる企業の両方に対して何かをしたいという思いから、2004年にグローバルパワーを設立。「外国人人材サービスの数と質で圧倒的No.1企業になる」というミッションを掲げ、現在は133カ国・約4万人の優秀な外国人会員を抱えている。

同社の最大の強みは、業界トップクラスの外国人求職者数と、外国人人材専業として10年以上の歴史と実績。採用する側にとっては、外国人人材の日本語レベルや習慣の違いに不安を覚えるのは当然のこと。しかし、「数と質」で圧倒する同社であれば、要望通りの最適な人材を派遣・紹介してくれるというわけだ。

ギャップを生まない安心感

外国人の採用が増加傾向にある一方、採用後にコミュニケーションや文化的差異などに課題を感じてしまうケースも少なくない。同社では、このようなギャップを生まないために、採用側の条件を丁寧にヒアリングし、求職者の履歴書や職務経歴書も見てくれる。さらに求職者とは必ず面談をするため、ミスマッチは起こりにくいという。

また、日本に在留している外国人には中国人が多いが、中国人は飲食店で働くことを好まない傾向にあるという。このようなデータの蓄積も同社の強みであり、採用企業からは「とにかく真面目でやる気も高い」と、紹介した外国人の評価は総じて高い。また、外国人からも「安心して働ける」と、圧倒的に信頼されている。

まずはトライしてみること

「人手不足が課題となっている飲食業界において、今後多様な人材の活躍を推進するダイバーシティは必須となる戦略。外国人採用経験のない店舗または懸念している店舗でも、早めに対策をしたほうがよい」と竹内氏は語る。

同社の事例として、都内に新規出店をした飲食店において日本人採用だけでスタッフをそろえようとしたが、オープンまで残り1週間にもかかわらずあと10名も足りていなかった。そこで相談が入り、ビザ申請の関連業務も含めて10名の採用を成功させたという。

外国人採用のコツについて、「不安でもまずは相談をして、トライしてみることが重要」と竹内氏は話していた。

■株式会社グローバルパワー|外国人派遣・紹介・採用支援のパイオニア

https://globalpower.co.jp/service/?id=section_jinzaihaken

『NINJA』

株式会社グローバルパワー

〒101-0052

東京都台東区台東1-10-6 秋葉原サワビル7F

関連記事