商材|物件・設備 2018.06.29

月々約10円で食用油酸化を抑制!食用油のコストを大幅カットできる『フライ帝王』

月々約10円で食用油酸化を抑制!食用油のコストを大幅カットできる『フライ帝王』
1
『フライ帝王』で食用油のコストを大幅削減
2
簡単設置で、メンテナンスフリー
3
揚げ物の品質も向上させられる

有限会社イオン技研が開発した『フライ帝王』は、「溶媒和電子(油分子を溶媒とした安定した電子)」を直接油と食材に供給することで、食用油の酸化を抑制し、食材の酸化を還元するシステム。今使っているフライヤーに取り付けるだけで、ワンランク上の揚げ物メニューが作れるという。実際に食べ比べて、その違いを体感した!

食用油の大幅なコスト削減を実現

食用油の色が濃くなったり、加熱したときに不快な臭いがしたりするのは、「油の劣化」によるもの。油の劣化は、主に空気中の酸素と油が反応する「酸化」で起こり、おいしい揚げ物を提供し続けるには、定期的な油の交換が必要になる。揚げ物を多く提供する居酒屋などの飲食店にとっては頭の痛い、大きなコストだ。

『フライ帝王』は、食用油にダイレクトに溶媒和電子を送り込む、小型のイオンユニット。既存のフライヤーに簡単に設置ができ、ユニットの掃除も必要ないメンテナンスフリーなうえ、ランニングコストは月々約10円の電気代のみ。酸化を抑制することで、食用油の寿命が2倍~3倍に延び、大幅なコスト削減を実現してくれる。

フライ帝王導入の効果

揚げ物の品質が向上する

『フライ帝王』から発生する溶媒和電子は油の分子構造を小さくするため、油切れが良くなり、冷めても油が口に残らないおいしい揚げ物が作れるようになる。油まわりがしないので、食材本来の味と香りが引き立ち、テイクアウト用の揚げ物に最適との声も多いという。

フライ帝王の特徴

実食! 食べ比べ

実際に『フライ帝王』を使って素揚げしたナスと、使っていないナスを食べ比べした。

フライ帝王

『フライ帝王』を使って揚げたナスは、油が最小限でナス本来の味がして「おいしい」と感じる。一方、『フライ帝王』なしの油で揚げたナスは、油でビタビタになっていてナスのおいしさよりも油っこいことだけが気になった。

実際に『フライ帝王』を導入している店舗からは、

「油の色が濃くなってもきれいなキツネ色に揚がる」

「揚げ油が以前より40%程度削減できた」

「歯切れの良いとんかつが揚がります。電気代10円も嬉しい!」

「フライがより軽くなって油が良い状態で長持ちする」

「カレーパンの具の味が際立つ」

などの声が届いている。揚げ物に関するコストと味の問題を同時に解決したいなら、『フライ帝王』の導入を検討してみては。

資料請求(無料)
『フライ帝王』
有限会社イオン技研
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事