NEWS 2018.03.22

【飲食トリビア】知っているようで知らない⁉ 人気店トリビア5選

【飲食トリビア】知っているようで知らない⁉ 人気店トリビア5選

人気飲食店のあまり知られていない情報を紹介します!
思わず「へぇー」と言ってしまうような、歴史・由来・信念・こだわりなど興味深い内容が盛りだくさん!

モスバーガーの隠し味

モスバーガー公式サイトのキャプチャ

素材にとことんこだわるモスバーガーは、毎月野菜の産地情報を公開するなど安心安全に力を注ぎ、子どもから大人まで幅広いお客様に愛されています。

モスバーガーは日本で初めてテリヤキバーガーを開発したお店だということを知っていましたか? 今では日本でも広く食べられていますが、開発途中にある大きな壁にぶつかるのです。それはパティやバンズに合うのはもちろんのこと、日本人の味覚にも合わなければいけないということ。

そんなテリヤキソースを実現するために
モスが選んだ隠し味。それが、なんと味噌でした。
出典:モスバーガー公式サイト

味噌が使用されているので日本人にもなじみのある味を再現できたのですね!

だからうまい! 銀座ライオンのビール愛

銀座ライオン公式サイトのキャプチャ

どの飲食店でもビールは必ずといっていいほど置いていますが、店によってメーカーはもちろん、温度やグラス、注ぎ方はさまざま。そんな中、銀座ライオンのビール愛は特にアツいのです。

配送されたビールはすぐには使わず、24時間2~4℃の冷蔵庫で落ち着かせてから使用。ガスの調節はビール残量や環境と合わせて綿密に行い、サーバーやグラスの洗浄も手を抜くことはないという徹底ぶり。そして銀座ライオン伝統の「一度注ぎ」という独特な手法でビールを注ぎます。

「一度注ぎ」のポイントは、注ぎながらグラス内でビールを回転させることにより、余分な炭酸ガスを抜き、雑味を泡に閉じ込めることで、すっきりとしたのど越しと苦みの少ないビールに仕上げます。 
出典:銀座ライオン

さらにビールの液体と泡の比率は7:3の「黄金比率」! まさに非の打ちどころのないビールにファンがつくことは必然と言えるのかもしれません。

「リンガーハット」ってどんな帽子?

長崎ちゃんぽんリンガーハットのキャプチャ

長崎ちゃんぽんといったらリンガーハットといっても過言ではないほど日本において広く展開しています。

リンガーハットをそのまま直訳すると「そっくりな人の帽子」? どういう意味でしょうか。

リンガーハット(RingerHut)のリンガーは、長崎で広く貿易商を営んでいたフレデリックリンガーという英国商人の名前にあやかったものです。
出典:長崎ちゃんぽんリンガーハット

リンガーとは人の名前だったのです。そしてハットは「Hat」ではなく「Hut」。つまり”小さな家”という意味。直訳すると「リンガーの小さな家」というなんともかわいらしい意味になるんですね。

○○の元祖は中村屋

新宿中村屋のキャプチャ

純印度式カリーやボルシチ、月餅など外国の代表的な商品を多く取り扱う新宿中村屋。歴史に名高い中村屋ですが実はあるものの元祖なのです。そのあるものとはクリームパン! クリームパンを作るきっかけとなったのはシュークリームでした。

創業者夫妻はある日、初めてシュークリームを食べてその美味しさに驚きます。そしてこのクリームをあんぱんの餡のかわりに用いたら、一種新鮮な風味が加わって、あんぱんよりも少し高級なものになると考えたのです。
出典:新宿中村屋

のちに製造工程の理由から現在の切れ目の入ったグローブ型になったといわれていますが、当初のクリームパンは柏餅型だったそうです。また、ジャムの代わりにクリームを入れたワッフルも発売されたんだとか。なんともハイカラですね。

洋麺屋五右衛門のこだわり

洋麺屋五右衛門のキャプチャ

お箸で食べる日本のスパゲティーとして独特の創作パスタを打ち出している洋麺屋五右衛門。実は和洋折衷なこだわりがたくさんあるのです。まずパスタを茹でるのは店名の通り五右衛門釜を使用。そして食材に関してもスタッフが自らイタリアに出向いて常に最高のものを探しています。さらに最大の特徴は器にあります。

五右衛門では、器に有田焼きを使用しています。
視覚でも食事をお楽しみいただくため、日本人が古来より親しんできた絵柄を採用し、独自で有田の窯元に製作をお願いしています。
出典:洋麺屋五右衛門

なんと職人の手によって一つ一つ絵付けされ丁寧に焼かれているんだとか。コーヒーカップやスープカップまで有田焼というこだわりようです。中身だけではなく器までもこだわっているとは、洋麺屋五右衛門に抜かりなしですね。

知ってトクする? 知らなきゃヤバイ!? 飲食トリビアでした!

関連記事