NEWS 2018.03.06

“客単価向上”を目的に開発したテーブルウェア収納商品を販売(PR TIMES)

“客単価向上”を目的に開発したテーブルウェア収納商品を販売(PR TIMES)

飲食店備品 販売サイト“ビヒンのマルシェ”は「解決する備品」“テーブル・スタンド・システム”を2018年3月6日(火) 本格的に販売をスタート。“テーブル・スタンド・システム”は“ビヒンのマルシェ”のプライベートブランド「マルシェのPB」に属しており、飲食店の大きな課題である“客単価向上”を第一の目的に開発されたテーブルウェア収納商品。

【ビヒンのマルシェとは】

ビヒンのマルシェ(https://bihin-marche.jp/)は「料理のこだわり、ビヒンにも」をコンセプトに、飲食店のテーブル周りを中心とした「厳選された“こだわり”備品」や「ここでしか手に入らない備品」「テーマに合わせた備品の組み合わせ」をWEB販売しているセレクトショップ。

管理・運営は外食・中食店に特化したフードグラフィックデザイン会社 株式會社HiRASAWA(代表取締役社長 平澤 浩一氏)http://khirasawa.co.jp/

【テーブル・スタンド・システムとは】

ビヒンのマルシェのプライベートブランド「マルシェのPB」商品。

様々なパーツの組み合わせで構成され、目的別に形を変えることが可能。

客単価向上を目的とした場合、“テーブルウェア収納“タイプの組み合わせとなる。

テーブル上のメニューやカトラリーBOX、調味料等を上部のラックに一箇所配置することが可能。

そこで生まれたテーブルの空スペースから「料理をまだ頼める」という心理が働き、更なる注文へつながることが期待される。

目的別にパーツがセットされた状態での購入や、パーツごとの購入も可能。

パーツは随時発売予定。

■株式會社HiRASAWA プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000031974.html

関連記事