商材|IT・情報 2018.02.28

煩雑で手間のかかる労務⼿続きをシンプルにしませんか?

煩雑で手間のかかる労務⼿続きをシンプルにしませんか?
1
煩雑な労務手続きに追われている飲食店必見!
2
⼈事労務⼿続きをカンタンにするクラウド型ソフト
3
⼈事労務に係る⼯数を削減し、店舗の業務に集中︕

多店舗展開や事業拡⼤に伴って、従業員の⼊退社⼿続きをはじめとした⼈事労務の手続きが増加。その結果、本業がおろそかになり、バックオフィスの専任を置かなくてはならない事態になることはよくある話。この課題を解決してくれるのがクラウド⼈事労務ソフト『SmartHR』だ。HRアワード「人事労務管理部門」最優秀賞を受賞、10,000社以上が利⽤する『SmartHR』の魅⼒や導⼊効果をご紹介︕

『SmartHR』導入で、できること

『SmartHR』は、⼈事労務⼿続きをカンタンにするクラウド型のソフトウェア。『SmartHR』は、労務手続きに必要となる従業員の情報収集にはじまり、⾯倒な書類の⾃動作成、役所へのWeb申請が可能になる。⼤量の⼿書きでの書類作成や、内容のチェック、役所へ出向くことも、窓⼝で並ぶ時間も大幅に削減できる。さらに、⼈事マスター(従業員データベース)や、Web給与明細、マイナンバーの収集・管理、源泉徴収票・⽀払調書の配布、スマホからできる年末調整など、労務領域を幅広くカバーしており、煩雑で手間のかかる労務手続きを簡単、シンプルに行うことが可能。2018年初夏には、従業員との雇⽤契約をオンライン上で締結できるオプションも提供する予定だ。

⼈事労務⼿続きのイメージ

わかりやすい料⾦プランも魅⼒

『SmartHR』を利⽤する企業の従業員数は1名〜1万名以上と幅広い。料⾦プランは従業員数に応じて⽤意されており、従業員10名までであれば無料で利用できる無料プランも提供している。従業員1名あたり、約550円のコストで無駄もない。労務⼯数を⼤幅に削減できることや、数分で回答がくるチャットサポートにより労務専任のスタッフを置かなくてすむことを考えると、費⽤対効果は⾼いといえる。

導入している店舗の効果は?

多店舗展開する飲⾷店では入社手続きの書類を本部にFAXしていた。しかし、書類が多いことに加えて入社する従業員数が多いシーズンには、膨⼤な手間がかかる、⽂字が潰れて⾒えない、送ったはずなのに届いていない、などの問題が⼭積みに。これらの問題を『SmartHR』で解消されたという。

また、さまざまな業態の飲⾷店を出店して事業拡⼤を図る企業では、正社員17名を含む約80名の組織へと成⻑し、⼈事労務に係る⼯数が⼀気に増加。そこで『SmartHR』を導入し、⽉に80時間の⼯数が削減できた、という事例もある。

給与明細画面一例

従業員を雇用する限り、⼈事労務の⼿続きは避けて通れない。しかし、労務⼿続きに手間と時間を奪われるのは飲⾷店にとって致命的である。売上に関わる店舗の業務に注⼒したい飲⾷店にとって、『SmartHR』は⼼強い存在になってくれるはずだ。

関連記事