NEWS 2017.11.29

実店舗での定額課金をアプリ1つで実現する『ファースト パスポート』サービス提供開始(PR TIMES)

実店舗での定額課金をアプリ1つで実現する『ファースト パスポート』サービス提供開始(PR TIMES)

iXIT株式会社(所在地:東京都世田谷区 代表取締役社長:中井川 俊一、以下iXIT)は、実店舗での定額課金(サブスクリプション)サービスをスマートフォンアプリで実現する新サービス「ファーストパスポート」の提供を10月25日から提供開始します。

iXIT株式会社(所在地:東京都世田谷区 代表取締役社長:中井川 俊一、以下iXIT)は、実店舗での定額課金(サブスクリプション)サービスをスマートフォンアプリで実現する新サービス「ファーストパスポート」の提供を10月25日から提供開始する。

また、本サービスを利用する第一弾企業として株式会社フードリヴァンプ(所在地:東京都世田谷区 代表取締役社長:林正勝、以下フードリヴァンプ)が経営する「野郎ラーメン」において、月額8600円(税抜)で1日一杯ラーメンが食べられるサービスを11月1日よりスタート。ファーストパスポート

 <『ファーストパスポート』とは>

実店舗にて定額課金(サブスクリプション)ビジネスを開始できるパッケージツール。お客様からの定額決済の管理、店舗での認証管理、利用状況を確認する管理システム等を、アプリ1つで実現可能にする。

導入することでお客様の来店頻度の増加や、ロイヤリティ向上の効果だけでなく、これまで手間やコストがかかっていたお客様の来店行動データを集積し、分析も可能。

その他、当アプリでできること

・プッシュ通知(新商品やイベント情報を配信)

・ニュースボード(アプリのトップ画面へ新商品などの情報を画像入りで掲載)

・店舗誘導(現在地から最寄り店舗への誘導)

・店舗情報(営業時間、定休日、フォトギャラリーを掲載)

これら機能はすべて、管理画面から自由に設定、利用することが可能。

<市場背景>

2015年以降、毎月の新たな安定的な売上構築を図るサービスとして、音楽や映像をはじめとするコンテンツサービスの定額課金サービス(サブスクリプション)が広がりを見せ、近年ではアパレルや自動車、自転車など、様々な業界において定額課金ビジネスへの参入が増えており、今後も多くの業界でサービス導入が加速することが予想される。

そこで、弊社は18年以上続くモバイル定額課金サービス事業で培ったノウハウを活かし、物理的なカード等を使用せず、お客様のスマートフォンアプリで1つで定額決済、店頭認証、データ集積を1つにまとめた本サービスをリリースするに至った。

<利用の流れ>

(1)App StoreもしくはGoogle Playよりアプリダウンロードする。

※アプリは無料でダウンロードできます

(2)利用したい月額サービスプランをクレジットカードもしくは、携帯キャリア(docomo,au,softbank)の決済を利用して購入する。

(3)店頭にてアプリ内のパスポート画面をスタッフへ提示し、サービスを受けるだけの簡単操作。

※オペレーションを軽減するため、バーコードリーダー等の機器類は不要です。

利用の流れ

詳しいサービスの内容、導入料金につきましては下記担当までお問合せください。

<第一弾の導入企業のサービス内容について>

株式会社フードリヴァンプ(所在地:東京都世田谷区 代表取締役社長:林正勝、以下フードリヴァンプ)が経営する「野郎ラーメン」でのアプリをリリースする。

野郎ラーメンでの定額課金サービス概要

月額8,600円(税抜)で野郎ラーメンの看板商品の「豚骨野郎」780円(税込)と「汁無し野郎」830円(税込)と「味噌野郎」880円(税込)のいずれかを1日一杯を食べることができる。日頃の野菜不足の改善や、お小遣いを気にせずに利用できることを実現した。

※より詳しいサービスの内容は株式会社フードリヴァンプのプレスリリースを参照ください。

http://fr-h.co.jp/news/subscription


iXIT株式会社 プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000114.000011240.html

関連記事