NEWS 2020.02.13

【スクラム採用プラットフォームHERP Hire】月額制リファレンスチェックサービス『back check』との連携機能を2020年春に提供開始

【スクラム採用プラットフォームHERP Hire】月額制リファレンスチェックサービス『back check』との連携機能を2020年春に提供開始

連携記念セミナーイベントを2/26に開催! 採用のミスマッチを選考プロセスでなくす2つの方法とは?


株式会社HERPが開発・運営するスクラム採用*プラットフォーム『HERP Hire』は、2020213日、株式会社ROXXが提供する月額制リファレンスチェックサービス『back check』との連携機能の提供を春ごろをめどに開始することをお知らせする。また、これを記念して共催セミナーイベント「採用のミスマッチを選考プロセスでなくす2つの方法とは? 」を226日に開催予定だ。


今回の連携によって、『HERP Hire』から『back check』へ、ワンクリックで採用選考中の候補者情報を同期することが可能となる。採用担当者は最終面接までの選考プロセスにおいて、求人媒体や人材紹介会社など、あらゆる経路から応募があった求職者に対してリファレンスチェックを行うことができるようになり、企業にとってより精度の高い採用意思決定を実現する。


働き方の多様化が加速するにつれて、中途採用の活発化に伴う雇用の流動化が顕著となっている昨今、履歴書や職務経歴書から取得できる所属企業の知名度・在籍期間・転職回数といった情報のみに基づく従来の選考では、適切な評価をすることが難しくなっているように見受けられる。


そして、求職者にとっては、面接時の口頭での説明以外に過去の実績を証明する手段が少ないこと、また採用担当者にとっては、その発言内容の裏付けとなるエビデンスを取ることができないことが、ミスマッチを生む大きな要因となっている。


月額制リファレンスチェックサービス『back check』は、「信頼の積立と実績の繰越」をミッションとして掲げ、求職者の実績を同僚や上司を始めとする第三者の評価を通して転職先の企業に伝えることで、透明性ならびに公平性の高い転職活動の実現を支援している。




また、スクラム採用プラットフォーム『HERP Hire』では、求人媒体のみならず、採用の現場において必要なさまざまな機能・システムとの連携を視野に入れた開発・運営に取り組み、社員主導型スクラム採用の推進を全方位から支援しているそうだ。


このたびの月額制リファレンスチェックサービス『back check』との連携により、双方のサービスをご利用いただいている皆さまにとって、採用業務の生産性と精度が向上することで、より本質的で価値のある業務に集中できる環境となることが期待できる。


HERPでは、『HERP Hire』が採用・労務・人材マネジメントといった人事領域を包括的につなぐHRテクノロジーのハブとなるべく、さまざまな企業・サービスとの連携・協業を積極的に拡大するとともに、引き続き社員主導型スクラム採用推進のサポートとプロダクト開発・運営に取り組んでいくとのこと。


リリースの詳細について


株式会社ROXX、株式会社HERP


https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000030340.html

関連記事